ソフトバンクの面接を受ける前に知っておきたい5のこと

Pocket
LINEで送る

ソフトバンクは日本3大通信キャリアのひとつ。電気通信分野では、既存のNTTやKDD(国際電電)といったかつての独占企業から発展した”NTT ドコモ”や”KDDI”と異なり、M&Aを繰り返した完全独立系のキャリアとして存在しています。

経営者は有名な孫正義氏。一代で会社を興して世界有数の起業家となったため、孫会長に憧れて入社して来る転職者が少なくありません。ここではソフトバンクに転職するのに必要な情報をご紹介します。

ソフトバンクはこんな会社

ソフトバンク株式会社は、持ち株会社のソフトバンクグループの傘下企業。グループのメイン企業で、「モバイル」「コンサルティング」「IT」が主要なフィールドです。最近は自動運転バス実験を小田急電鉄と協力して行っていますが、これもソフトバンクの一部門”SBドライブ”が主役。

ソフトバンクではさまざまな新規事業が誕生すると、子会社が設立されます。求人でもソフトバンクに在籍しながら子会社に「出向」するケースが多く、新規事業にチャレンジしたい人に向いている会社のひとつです。

ソフトバンクの求人は”営業”、”エンジニア”、”管理部門”

とくに若い人たちに活躍の場を与えるために、さまざまな研修制度が充実。学習アプリの提供や英会話セミナー、営業系でもciscoやMicrosoftのシステム系資格を取得するフォローがあります。またe-ラーニングによる通信・会計・統計などの講座が受けられます。

営業系の求人

●代理店向けコンサルティング営業(全国)

●量販店向けコンサルティング営業(全国)

……この2つがソフトバンク求人でもっとも多い。勤務地が地方になった場合、東京本社のような研修はなかなか受けられないが、地方で働きたい人には好都合でしょう。

●営業企画、ソリューション営業:SBドライブ ・SBクラウドなどに出向

……事業展開によっては撤退して次のセクションに移ることが良くあります。

……営業系はほかの部署よりも出世が早く、給与も高くなります。総収入のうち、賞与割合が多く(基本給3:賞与1など)設定されています。

⇒実際にソフトバンクの面接を受けた人の口コミをみる
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ
※無料会員登録が必要です。

新規事業系の求人(東京)

●新規事業、開発担当・企業分析担当・データアナリスト・出向向け事業戦略

マーケティング系の求人(東京)

●新規事業、開発担当・企業分析担当・データアナリスト・出向向け事業戦略

…IoTやAI、デジタルマーケティングなどに携わるため、人気のある部署のひとつ。顧客次第では評価がアップするのも魅力です。

エンジニア、プロジェクト系の求人(東京)

●クラウド・ネットワーク・データセンター・開発・セールスエンジニア

…プロフェッショナルファームではないが、一からサービスを構築して管理まで行うことで、広範囲なスキルを習得できる。技術か管理かの二者選択でキャリア開発をしていきます。

給与は業界の中の上程度、居心地のいい環境と言えるかもしれません。ヘッドハンティングも見かける職場です。このほかには、クリエイティブ系・管理部門などの求人があります。

ソフトバンクの面接とは?

ソフトバンクは、正規雇用・非正規雇用(クルー・契約・派遣)などさまざまな社員を抱えています。非正規雇用から正社員への登用試験と転職試験が同時進行に行われており、筆記テストと面接対策が必要です。

面接では”ソフトバンクの文化”をよく知っておくことが大切!

営業系と技術系、面接は3回ほど行われ、面接官からのいくつかの質問に答えます。ポイントは、応募者からの質問時間がかなり長いこと。事前に”聞きたいこと”をたくさん用意しておく必要があります。

●この業界で1番になるには?

●なぜソフトバンクを選んだのか?他のキャリアでもいいのでは?

●あなたの将来像は?

●最近のソフトバンクをどう思うのか?

●携帯電話の仕組みを知っているのか?

●社内起業する気はあるか?

……ソフトバンクの文化は、携帯電話販売と通信回線の販売がメイン。その上で、SBドライブなどもあることを知っておきましょう。コンサルティングやペッパー、ITなどソフトバンクが何をしているのか、自分が入社したらどんなことを”やりたいのか”を明確に答えられるように、面接対策をしておきます。

また、質問事項でわからないことがあれば、素直に”わからない”と答えること。転職求人は多いですが、決して簡単に入社できる会社ではありません。ポイントのひとつは”公式HP”をしっかり見ておくこと。これがすべてです。

実際に面接を受けた人の口コミを参考にする

業界で業績が一番になる、業界で一番の給与の会社になる…これがソフトバンクの目指すところです。となると、当然応募者も殺到!もちろん実際に面接を受けた人もたくさんいるので経験者の意見を参考にするのが一番です。

転職口コミサイトのなかでも「キャリコネ」はソフトバンクの情報の濃さで信頼されています。年収や企業ニュースも豊富なため、キャリコネで転職のイロハをゲットする人が増加しています。

キャリコネは転職者の生の声を掲載している情報サイトですが、ここから転職エージェントへと直接リンクすることが可能。実際にコンサルタントにつながって、ソフトバンク転職の情報を教えてもらったり、面接指導も受けられます。

⇒実際にソフトバンクの面接を受けた人の口コミをみる
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ
※無料会員登録が必要です。

「無料会員登録」→「ソフトバンク株式会社」を検索 → 「転職・採用面接」タブ

実際に試験を受けた方の「質問された内容」や「回答した内容」やアドバイスなどが閲覧できます。

実際に面接を受けた方の中には「ほとんどキャリコネに載っている質問内容だった」という方もいました。

トップページで無料会員登録をせずに閲覧することができないか試してみましたが無理でした。。。詳しく見るにはやはり無料会員登録が必要ですので初めからトップページで無料会員登録をした方がいいと思います。

Pocket
LINEで送る