看護師転職サイトとは?【2018年最新版】

Pocket
LINEで送る

看護師転職サイトって何?

 

 

他の病院への転職がうまくいかないことってないの?

 

看護師転職サイトは全国で約50社あると言われています。

その中には、超大手転職エージェント(会社員・技術系社員・一般事務・医師・看護師など)から看護師専門エージェントに至るまで様々なサイトを運営する企業があります。

 

看護師転職サイトに登録したからといって、必ず満足いく結果になるとは限りません。ここではうまくいかないパターンを公開していきます。

 

 

看護師転職エージェントのサイトは2種類ある

 

看護師、転職…と検索するとズラズラ~と出てくる看護師転職サイト。アクセスしていくと「公開求人情報」があるサイトと、全くないサイトに分かれます。

 

 

公開求人情報とは、どのエージェントのサイトにも登録してあるもの。新聞の求人欄に出しているようなもので、誰でも見ることが出来ます。これに対し、公開求人情報が全くなく、ひたすら”まずは登録を”と呼びかけるサイトがあります。

 

 

怪しいな…と思われるかもしれませんが、こうしたサイトは「非公開求人」だけを扱うエージェントであって、変な会社ではありません。ただ、自分の個人情報を登録して大丈夫?と考える人もいるはず。

 

その時は”運営会社”がしっかりと記載してあるところの方が安心だと言えます。代表者の顔写真があるところや、サイトがしっかりしているところの方がより「新しい求人情報」に対応してくれるでしょう。

 

 

登録すると、すぐにコンサルタントから電話が鳴る

 

サイトに登録→エージェントのコンサルタントから電話が来る→コンサルタントと面談…まずはこうした動きが基本です。ただ、看護師さんの多くは”仕事で出られない”場合や”家で寝ている”こともあるでしょう。ただ、コンサルタントは「今、登録作業をしたのだから、すぐに電話するチャンス…」と行動を起こします。

 

もし、この時にアクセスできない場合は、何度でも電話が来ることになります。コンサルタントとすれば、相手の登録した情報(希望する職務、例えば病棟か外来かなど)に基づいて、文字情報で求人サンプル(新着求人が出ました!など)を送ってきます。

 

 

コンサルタントは給料がほとんどが”歩合制”

 

転職エージェントは、会社員から転職した人材が多く集まっています。もともと営業マンだったり、医療関係の仕事をしていた人も少なくありません。ですから、コンサルタントは人によって集める求人内容もバラバラですし、話し方やフォローのタイミングもバラバラです。

 

ですから、どのエージェントが良かった…という口コミはなかなかあてにできないのです。エージェントよりも個人個人のコンサルタントの話し方、態度、求人内容、などで満足か不満か…の評価になります。ただ、大手の方がなんとなく信頼できる、という方がいらっしゃるようです。

 

コンサルタントは皆看護師一人を病院に紹介し、契約した場合に「紹介料」を病院から受け取ります。それも、入職して半年間定着した後…という会社がほとんどです。短期離職となった場合は紹介料は発生せず、契約には至りません。

 

 

看護師転職サイトは登録してみないと始まらない

 

転職エージェントは不安だ、心配だ、うまくいくのか?という方も少なからずいらっしゃるでしょう。ですが、今や一般学生の90%以上が就職情報に登録し、転職する場合も90%以上が転職サイトに登録しています。個人情報をしっかりと守っているため、情報漏えいはまず考えられません。

 

サイトを利用するには”どうせネットだから…”といった態度で臨まない。どんなチャンスがやってくるかわからないのがネットです。毎日数分で構いません、求人研究をスマホやPCでやってみましょう。その執念が転職成功となるはずです。



Pocket
LINEで送る