月桃馬油の口コミを調査!妊娠線におすすめオイルはコレ

月桃馬油(げっとうばあゆ)は妊娠中の肌ケアオイルとしてとても有名ですが実際に効果はあるのでしょうか?

使用した方の口コミはどうなのでしょうか?

使ってみたいけど失敗したくない!その気持ちよくわかります。

そんな方のために徹底調査しましたので参考にしていただけると幸いです。

月桃馬油マッサージオイルを30%オフで購入するならこちら♪

この記事を読み終わる頃には、こんなことが分かります↓

・月桃馬油って何?

・副作用が心配…敏感肌でも大丈夫?

・月桃馬油の効果的な使い方は?

・実際に購入した人の評価は?

・効果なしって口コミもあるけど…どうなの?

 

こんなお悩みありませんか?

 

妊娠中は妊娠線など気になることが多いですよね。

特に妊娠線は一度できてしまうと完全に消すのはなかなか難しいといわれていますのでできる前に予防することが大事です。また正中線も気になりますよね。

妊娠中に妊娠線ができないようにクリームやオイルでケアする方はとても多いです。

その中でも特に人気が高いのが「月桃馬油」です。

月桃馬油マッサージオイルを30%オフで購入するならこちら♪

 

月桃馬油って何?

月桃馬油とは・・・妊娠中で敏感なお肌のママのためにケミカルフリー(※石油由来の成分や化学的合成した成分が配合していないもの)無添加にこだわったスキンケアオイルです。

こんなお肌にお悩みの方にとっても人気の自然素材オイルです。

 

副作用が心配…敏感肌でも大丈夫?

肌に直接塗るものだから荒れたりしないか心配です。妊娠中は特に気になりますよね。

安心してください!月桃馬油の原材料は自然素材のこだわっています。

界面活性剤無添加・・・

本来、水と油という溶け合わないものの間を取り持って、溶けたような状態をつくるものが「界面活性剤」。そのしくみを利用して、油分を含んだ汚れを落としたり、乳液やクリームなどのスキンケア商品では水と油を混ぜ合わせたりする役目になります。この界面活性剤は肌や髪の負担になることは事実ですので界面活性剤無添加(使用していない)というのはとても魅力です。

アルコール無添加・・・

アルコールは主に化粧水などに使われることが多いです。
毛穴や肌を引き締める効果があり、引き締め化粧水として販売されているものには、アルコール成分が含まれている製品が多くあります。ただアルコールは蒸発性、揮発性が高いため肌の水分を奪ってしまいます。肌のうるおいが減少してしまうため乾燥肌の方にはおすすめしません。

パラベンフリー・・・

防腐剤として使われるパラベンですが

パラベンには、抗菌力と刺激性がことなる4種類、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンがあります。

このパラベンを使用していないので敏感肌にも安心です。

さらに月桃馬油は無着色、無香料なので安心してお使いになれます♪

月桃馬油マッサージオイルを30%オフで購入するならこちら♪

月桃馬油の効果的な使い方は?

お風呂あがりに使用するのがおすすめだそうです♪

 

お腹まわりのケアなら2プッシュぐらいで足ります。たっぷり使いたい時は3プッシュしています。

色は少し黄色がかった透明色でベタつかないので塗り心地もとてもよくにおいも上品な香りがします。

ママだけでなく赤ちゃんのベビーマッサージにも使えるということなのでとってもお得ですね♪

月桃馬油マッサージオイルを30%オフで購入するならこちら♪

実際に購入した人の評価は?