てまひま堂の【にんにく卵黄】は効果なし!?ホントの口コミと効果

てまひま堂のにんにく卵黄って最近よく耳にしますよね♪

てまひま堂のにんにく卵黄「229ー55ニンニクゴーゴー」を実際に購入して試してみたレビューを今日はお伝えします。その前に「てまひま堂のにんにく卵黄って?」「てまひま堂ってどんな会社?」からお伝えしていきます!

「本物は嘘をつきません」

強烈なフレーズのCMで誰もが耳にしたことがあると思います「てまひま堂のにんにく卵黄」

「健康家族じゃないの?」といった声も聞こえてきそうですが今回紹介するのは「てまひま堂」です。

でもすごくないですか?「本物は嘘をつきません」とてまひま堂創業者がはっきりと言ってしまってるんです。

これって逆に言えば絶対に嘘をつくことや偽装することがないと言っているようなものです。

もし少しでも不安な部分があればこんなストレートな言葉は使わないと思うんですね。

それほど製品に自信があるのだと思います。

そんなてまひま堂の看板商品「にんにく卵黄229-55ニンニクゴーゴー」についてみていきたいと思います。

\960円ではじめる!てまひま堂のにんにく卵黄 ★彡


 

てまひま堂のにんにく卵黄とは?

にんにく卵黄ってけっこう耳にすること多いと思います。

ニンニクと卵黄・・・言葉だけで元気がでてきそうです。

にんにく卵黄というのは南九州に昔から伝わる滋養強壮食品で家庭で当たり前につくられていたものなのです。

一説によると西南戦争で、薩摩軍の兵隊が出陣の時に携行していたとも言われています。もしかしたら西郷さんも食していたかもしれません。

そんな家庭食でもあるにんにく卵黄ですが全国的に広がることはありませんでした。

なぜなら・・・においです。

体にいいとはわかっていてもにんにくの強烈なにおいが苦手な方も多く日本人の一般食として浸透するには無理がありました。

そこでにんにく卵黄をカプセルの中に入れることでにおいを気にせず摂り入れることができるようになったのです。

てまひま堂ってどんな会社

鹿児島県鹿児島市に本社を置く健康食品を通信販売している会社です。

主力商品のにんにく卵黄は業界では後発ですが腸溶性のカプセルを採用し、製造から販売、アフターまで一貫して自社で行っておりとても販売数を伸ばしています。

他社のにんにく卵黄とどう違うの?

 

カプセル状にした健康食品という点では他社と同じです。

でも同じにんにく卵黄でもてまひま堂のにんにく卵黄にはこんなに違いがあるんです。

違い①原材料を劇的にこだわっている

どこの会社も原材料にこだわっているのですがてまひま堂も原材料には他社に負けないぐらいこだわっています。

にんにく

 

青森県上北郡のにんにくを使用しています。

 

「食品の生産から加工、流通、販売までの過程を記録に残し、商品をさかのぼれば農家まで確認できる『顔が見えるにんにく』を確立するために社長自ら十和田、田子と日本国中を探し求め、農家を1軒1軒訪問して選定しました。
手に入れられるだけの資料を集め、ついに出会ったにんにく、それこそが青森県上北郡のにんにくでした。」※てまひま堂ホームページより抜粋

 

すごくないですか!?農家を1軒1軒訪問して選定したようです。「顔が見えるにんにく」を日本中を探し求めついにたどりついたのが青森県上北郡のにんにくだったようです。

卵黄(卵)

 

宮崎県霧島山麓「たまご牧場」の有精卵を使用しています。

「滋養に溢れた上質の卵を求めて…全国各地から美味しいと評判の卵を20種類以上も取り寄せ、やっと出会うことができた最高の有精卵。」※てまひま堂ホームページより抜粋

こちらもにんにく同様全国から探し求めようやくたどりついたのが宮崎県霧島山麓「たまご牧場」の有精卵だったようです。

現在健康食品として世に出回っている「にんにく卵黄」というのはカプセルに包まれていて中身は見えません。

味も噛み砕かないかぎりわかりません。そんな外見からは見えないカプセルの中に入っているものに対してここまでこだわっているというのが劇的にスゴイと思います。

利益を求めれば「どうせカプセルに入っているのだしわからないんだから安いものを使っとけ」となってもおかしくないのですが、利益ではなく本物を追求しているてまひま堂の姿勢には感動すらおぼえます。

違い②カプセルが劇的にスゴイ

にんにく卵黄はそのままだとにおいがきついことからカプセル状にしてカプセルの中に入れることでにおいを気にせずに飲用することができるようになったのですが、そのカプセルにもこだわっているのがてまひま堂なんです。

通常のカプセルは飲用後、胃で溶けて消化されるようにできています。そりゃカプセルに入っているからといってカプセルが溶けなければにんにく卵黄の効果を得ることはできずまったく意味ないですよね。

カプセル状の薬と一緒で体内に入ってカプセルが溶けることではじめて中のにんにく卵黄が出てきます。

だから「カプセルは溶ければなんでもいいんじゃないの~」と考えがちですがてまひま堂は違うんです!

体内のどこで溶けるかにこだわっているのです。

普通のカプセルのように胃で溶けてしまうとせっかくにおいがしないようにカプセルに閉じ込めたのに胃で溶けてしまうことでゲップをした時ににおいがあがってきてしまうのです。よく昼食にギョーザ食べたら午後の仕事中ゲップしたらギョーザの味やにおいがあがってきたことってあると思います。にんにく卵黄も同じで胃で溶けてしまうと後からにおいや味があがってきてしまうことになります。それではカプセルにしてる意味がないですよね。

そこでてまひま堂は「胃で溶けず腸までと届いてから溶けて吸収される」カプセルにしたのです。

胃の中ではまだカプセルに守られていて腸に届いてから吸収されるといった具合です。

カプセルを通常より溶けにくいものにすることで腸まで届くことが可能になったのです。

にんにく卵黄といえば健康家族ややずや、えがおといった大手がひしめいていますがてまひま堂は後発でありながらこだわりをもち本物を追求したにんにく卵黄をつくっています。

 

でもいいことばっか言って本当は違うんじゃない?

 

 

多いんです!いいことばっか言って実際は違う会社って(汗)

 

 

 

でもてまひま堂は違うんです!すべてをオープンにしていてにんにく卵黄を製造する工場も工場見学を実施していて実際に作っている現場を生でしっかり目で確認することができるんです!

 

自信がなければ公開できないですよね♪てまひま堂は自信があるから全てを公開しています。

本物は嘘をつきません」というテレビCMのフレーズは偽りがないんです!

今のご時世、原材料や製造工程も製品の一部という消費者も多いです。これだけ企業の粉飾や偽装が多い中、嘘偽りなく正直な企業の姿勢というのはとても好感がもてますよね。

そんなてまひま堂が看板商品として販売しているにんにく卵黄「229-55ニンニクゴーゴー」の価格についてみていきます。

お値段ははいくら?

これだけ原材料にこだわっていますので原価が高くなってしまうのではないでしょうか?

原価が高くなることはわかっていました」 ※創業者インタビューより抜粋

とあるように本物を追求するとやはり原価は高くなってしまうものです。

商品の価格は他社のにんにく卵黄より高いです。1袋1,922円(税込)です。

定期コースでのご注文だと1袋1,729円(税込)です。

確かに他社と比べて価格を比べても安いというわけではありません。

でも今回てまひま堂は赤字覚悟で破格価格で特別価格で229-55ニンニクゴーゴーを販売しているのです。

その価格というのが

通常1,922円(税込)のところを

定期コースでのご注文で1袋960円(税込)です!!

継続率も驚異の97.6%! すごい!

 

本物のにんにく卵黄を試してみたい!そんな方!ご注文はこちら↓↓

\960円ではじめる!てまひま堂のにんにく卵黄 ★彡



実際に3週間試してみたレビュー♪

 

それでは実際に試してみたレビューにいきたいと思います。

てまひま堂の「にんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)」を

実際に取り寄せてお試ししてみました。

3週間毎日飲んでみて感じられた効果なども

リアルにレビューしていきます!

てまひま堂にんにく卵黄229-55の効果や効能については、こちらの記事で詳しく解説しているので、

気になる方はご覧ください。

 

てまひま堂のにんにく卵黄229-55が届いたので開封!

てまひま堂の「にんにく卵黄229-55」が届いたので

さっそく開封です!

公式サイトで注文してから1週間ほどで届きました。

梱包はA4サイズの書類が入る封筒で

配達方法はゆうパケットのポスト投函でした。

封筒の表面には、配達員の方向けに

「ポストに入らない場合はお手数ですが手渡しでお届けください」

と書いてあります。

開封すると、にんにく卵黄229-55の袋の他に

チラシや冊子、手紙類が同梱されていました。

にんにく卵黄229-55の製造工程などの解説冊子や

てまひま堂の理念、お客様の声を集めたチラシも一緒に入っています。

にんにく卵黄229-55の商品本体アップです。

絵の下に「山下清画伯「桜島」」と書かれています。

てまひま堂は鹿児島の会社ですので

鹿児島の名所である桜島を前面に出しているんですね。

形状は小さな堅いカプセル

それでは、さっそく封を開けてみます。

想像していたよりも小さくて堅いカプセルです。

市販のにんにく卵黄商品はほとんどが

カプセルに入った状態で販売されています。

それは、にんにくの強烈な匂いを封じ込めて

口から逆戻りさせないためなのですが、

てまひま堂にんにく卵黄229-55のカプセルは

一般のソフトカプセルの上に

さらに二重にコーティングを施しているそうです。

それによって、胃液のPHでは溶けず

腸液のPHでちょうど良く溶けるように

なっているそうです。

公式サイトに、半分にカットされたカプセルから

中身のにんにく卵黄がとろっと出ているような

イラストが載っていますが、

同じように包丁でカットしようとしても

堅くてなかなか切れません(汗)。

なんとか切れ目をつけてみたところ、

にんにく卵黄の黄色い中身があふれんばかりに詰まっているのが見えます。

さすが、カプセル内のにんにく卵黄粉末含有量が160mg

他社のにんにく卵黄(K150.4mg)と比べて多いとうたっているだけあり、

ぎっしり詰まっている感があります。

そして、切り口から強烈な香りが!

私はにんにくも卵も大好物なので

「美味しそうな香り~」と思ってしまいましたが、

このまま食べたら

お口の匂いが気になってしまいそうです

一方、切れ目を入れていないカプセルは

まったく匂いがしません。

さすが二重コーティングだけあって、

安心して飲むことができます。

\960円ではじめる!てまひま堂のにんにく卵黄 ★彡

原材料をチェック

次に、にんにく卵黄229-55

原材料をチェックです。

パッケージ裏に書かれている原材料は、

にんにく卵黄粉末

サフラワー油

ゼラチン/グリセリン

ミツロウ

トウモロコシたん白

植物レシチン(大豆由来)

です。

特に気になる材料は含まれていません。

唯一、サフラワー油は、「リノール酸」を多く含んだ油で、

過剰に摂取するとアトピー性皮膚炎などの

アレルギー症状を引き起こすと言われていますが、

この小さなカプセルに含まれている量であれば

気にするほどではないかと思います。

また、てまひま堂のにんにく卵黄229-55は、

製造元と販売元が「てまひま堂」と記載されています。

原材料から製造・梱包・発送までを

自社工場で一貫して行っているというのも安心なポイントですね。

実際に飲んでみた!

つぎに、実際ににんにく卵黄229-55を飲んでみます。

パッケージ裏面には、

113粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください」

と書かれています。

食品なので1日の摂取量の決まりは特にないそうですが、

朝食後に1粒、夕食後に1粒など、毎日同じタイミングを決めて飲むと

体内のにんにく卵黄の健康成分が一定に保たれやすいとのことです。

そして、一粒の大きさは約12mmと小さめで、

女性やお子様、お年寄りでも

喉に詰まらせず飲みやすいサイズです。

気になる口臭は、さすが二重コーティングだけあって、

飲んだ後すぐも、しばらく経ってからも、

にんにくの香りらしきものはまったく感じられませんでした。

試しにカプセルを割ったものも飲んでみましたが、

飲んでいる時からにんにくの香りを感じましたし、

そのあともなんとなく「ふわっ」と、

口からにんにくの香りがするような気がして

落ち着きませんでした。

もちろん、割らずにカプセルのまま飲むのであれば

匂いに関してはまったく心配なさそうです。

実際に試してみた正直な感想

そんなにんにく卵黄229-55

3週間続けて飲んでみました。

ちょうど季節の変わり目で気温の上下が激しく

周りも体調を崩す人が多かったのですが、

私は不思議といつもと変わらず元気で風邪も引かず、

夜もぐっすり眠れて朝の目覚めもすっきりしていました。

私は常に上は80を切る低血圧で

寝起きが非常に悪いのですが、

にんにく卵黄229-55を飲み始めてから

すっきり起きられるようになり、

毎朝のように悩まされていた起きにくさや倦怠感もなくなりました。

これらの効果すべてが

にんにく卵黄229-55のおかげというわけではないと思いますが、

飲み始めてからじわじわと効果を実感しはじめています。

これからしばらく、最低数ヶ月は飲み続けて、

効果を見ていきたいと思います。

\960円ではじめる!てまひま堂のにんにく卵黄 ★彡

気になるランニングコストは?

長くにんにく卵黄229-55を続けていくにあたり、

ランニングコストはどのくらいになるか、

気になるところです。

通常価格は62粒で1,922円(税込)ですので

132円、12粒飲むと64円です。

毎月の定期購入であれば

10%オフ1,729128円)、

初回限定で

50%オフの960円(115円)です。

万一、飲んでみたけど体質に合わないということがあっても

定期購入2回目以降お休みまたはキャンセルといったことも可能です。

にんにく卵黄は商品によって体質に合う、合わないというような

相性があるかと思いますので、

まずは12ヶ月試してみてもいいかもしれません。

960円ではじめる!てまひま堂のにんにく卵黄★彡

SNSでも話題!

てまひま堂のにんにく卵黄のまとめ

ということで、てまひま堂のにんにく卵黄229-55についてレビューしてみました。

にんにく卵黄229-55は、カプセルの二重コーティングで口臭の心配がない安心感と、

良質な素材をぎっしりと1粒に詰め込んだところがおすすめポイントです。

費用も定期購入であれば150円程度と

無理なく毎日続けやすい価格です。

にんにく卵黄を検討されている方は、

今回紹介したてまひま堂のにんにく卵黄229-55を飲んで、

病気知らずで健康な身体を手に入れてはいかがでしょうか?

大好評 ★彡『229─55ニンニクゴーゴー』