子供の身長を伸ばす情報まとめ

Pocket
LINEで送る

子供の身長のために必要な要素について説明していきます。

子供の身長を伸ばす大事な要素

大事なことは

①睡眠

やはり成長に睡眠は大事です。睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため遅くても夜10時までには寝ることが大事です。

睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌に影響がでて身長の伸びが悪くなってしまいます。

⇒関連記事「子供の身長に睡眠はとても大事です。」

②栄養

体を大きくする上で栄養も大事です。栄養を摂ることで身体の組織が作られますのでしっかりと栄養を摂る必要があります。身長を伸ばす上でカルシウムが大事と一般的に言われていますがカルシウムだけでなくアルギニンといった成長ホルモンを分泌させる栄養素も大事になります。

⇒関連記事「子供に必要な主な栄養素」

③運動

しっかりと栄養を摂りぐっすりと睡眠をとったらしっかりと運動をすることで体はより大きくなっていきます。

身長を伸ばすには骨や関節にとって効果的な運動をすることが必要になってきます。

⇒関連記事「成長ホルモンを分泌させる効果的な運動」

が基本ですが、適度な運動をしてしっかり睡眠をとっても身長の伸びには差がでてしまいます。

やはり一番大事なのは栄養です。

⇒関連記事身長に大事な栄養食品はやっぱり乳製品??

⇒関連記事身長にとって理想の食事とは?(夕食)

簡単にいうとしっかり栄養成分が含まれる食事をとること、または補うためにサプリを摂ることが秘訣となります。

今回は子供の身長を伸ばす方法をともママが詳しく紹介します。

 

家に一緒にいるときはそんなに気にしなかったけど小学校の授業参観や運動会、集合写真など他の子供と並んでみるとうちの子かなり背が低い。成長には個人差があるのはわかるけど大丈夫なのかな?

「気にしすぎ」「自然と伸びるよ」と言われるのがわかっているだけになかなか人には相談できない!

そんな悩みを抱えていませんか?

実は、小学生から高校生にかけて成長期を迎えるお子さんをお持ちの約2割の親御さんが、

お子さんの身長に悩んでいると言われています。

初めまして、ともママです。

ここへ来られたということは、私と同じように、お子さんの成長、特に身長について悩まれているのではないでしょうか?

「あれ?私と同じように?」と、不思議に思いました?

何を隠そう、私自身、2児の子を持つ母親です。

それと同時に、彼らの発育が遅く悩んでいた一人の親でもあるんです。

子供の成長って、気にしないようにしていても、ついつい人と比べてしまいませんか?

私は、かなり気にしましたよ。

だって、二人とも幼稚園はおろか、小学生でも生徒で集まるときは背の順で前の方。

 

背の高い子からバカにされていたりして、一時期はふさぎ込んで大変でした。

そこで、一念発起!母親として決意したのです。

どうしても、この子たちの未来を明るいものにしたいと。

そのためには、少しでも子供の身長を伸ばすことができるように、何か方法がないかといろいろと調べました。

このサイトでは、私が実際に子供たちの身長を伸ばすためにした事や効果があった方法、お役立ち情報をご紹介していきますね。

うちの子身長が低いと悩んでいても意外に通常範囲の場合も多いです。

(関連記事)身長の平均値(年齢別)・SD値を調べてみよう

 

子供の身長が低くて悩んでいるR子さん、発育に詳しいと言うともママに相談に来ています。では、R子さんの悩みを覗いてみましょう。

R子
ともママ、ちょっと聞いてもいいかな?うちの子身長が低くて、それってやっぱり遺伝が関係してるの?私は152センチだし、夫も162センチなんだよね。今、息子が小学4年生なんだけど、125センチくらい。やっぱり低いよね?
ともママ
う~ん、確かに、身長の高い低いは、遺伝が影響するって話もあるよね。両親ともに背が高かったら、子供も背が高くなるとか。もちろん、身長に関する情報も遺伝子に保存されていて、それを引き継ぐわけだから、両親の身長が低い場合、確率的に身長が低くなる可能性も高くなるわよね。
R子
そっか~やっぱり。もう、うちの子の背は伸びないのかな。諦めるしかないのかな……。
ともママ
R子、落ち込み過ぎよ~だって、両親が低くても、子供の背が高いケースなんていくらでもあるじゃない!それに、戦後とかとは違って、今は栄養状態もいいから、子供の発育もかなり良くなってきているの。だから、昔に比べると平均身長も伸びているのよ。まだまだ諦めちゃだめよ~。
R子
ほんと?ちなみに、身長が伸びない原因って、遺伝以外にもあるの?
ともママ

そうね~一番大きいって言われているのが、赤ちゃんだった頃の栄養状態よ。ミルクをしっかりと飲まなかったり、離乳食をちゃんと食べられなかったりした子供は成長しても細くて身長も低くなりがちなのよ。でも、大きくなってからもちゃんとご飯を食べることも大切!もちろん、好き嫌いしないでね。でも、好き嫌いがひどい場合は、サプリなんかの補助食品を使って、栄養を補ってあげるのも大事だよね。

R子
やっぱり栄養は大事なのね。
ともママ

あとは、そうね、夜に眠っているかも大切かも。ほら、「寝る子は育つ!」なんて言われていたでしょ。これって、人は眠っている間に成長ホルモンが分泌されるからなの。夜8時間以上ちゃんと眠ることで、しっかりと成長ホルモンを分泌させることができるのよ。そうそう!これに関係するのが、早寝早起き。今の子供って、夜遅くまでテレビを見たり、ゲームをしたりしているでしょ。これって、脳が興奮しちゃってちゃんと寝付けない原因になるの。寝る前2時間はテレビを見ないようにすると、落ち着いた状態で眠りにつくことができるわよ。

R子
睡眠も関係あるのね。
ともママ

そうそう!これに関係するのが、早寝早起き。今の子供って、夜遅くまでテレビを見たり、ゲームをしたりしているでしょ。これって、脳が興奮しちゃってちゃんと寝付けない原因になるの。寝る前2時間はテレビを見ないようにすると、落ち着いた状態で眠りにつくことができるわよ。

R子
確かに、うちの子、夜遅くまでゲームしてる~!おまけに好き嫌いもひどいのよね。
ともママ
これは改善の余地あり!ね。まずは、ゆっくり眠らせてあげることと、サプリを取り入れて栄養を整えてあげることが先決よ。

それではどうすれば身長は伸ばすことができるのか子供の身長を伸ばすことに成功した経験のある「ともママ」にきいていきましょう!

子供の身長を伸ばすにはどうしたらいいの?

 

まずは、成長期の子供たちの身長が伸びる理由についてお話しましょう。

 

成長期だから身長が伸びて当たり前!なんて思っていませんか?

 

確かに赤ちゃんから幼児、小学生と、子供たちはどんどんと成長していきますよね。

 

身長とともに、体重も増えて体が大きくなっていきます。

 

その理由は、成長ホルモンの存在です。

 

高校生にかけて成長ホルモンが分泌されることで子供の体を作り上げていくのです。

 

この成長ホルモンは、小学生の間は、まだ体が未熟なため、分泌量が少ない状態です。

 

しかし、中学生、高校生と思春期を迎えることで、男の子、女の子ともに体の内も外も変化していきます。

 

それに伴い、成長ホルモンの分泌量も増え、小学生の倍量以上に分泌されるようになります。

 

このときの体は、成長ホルモンが分泌されるだけではなく、その分泌に従って、食事などから得る栄養が使われて、どんどんと大きくなっていきます。

 

体を構成する骨や筋肉を発達させていくのです。

 

サプリメントで補う!成長期に不足しがちな成長ホルモン

 


さて、成長ホルモンが分泌されることで、体が発達していくのですが、

 

それにあたっては、食事からとる栄養素が整っている必要があります。

 

特に、成長期にとって重要なのが、カルシウムです。

 

身長を伸ばすための基本としてカルシウムを取らないといけません。

 

そのためには、チーズなどの乳製品、魚を食べ、牛乳を飲まないといけないと、言われてきましたよね。

 

その通り、カルシウムは骨を作るための大切な栄養素です。

 

このカルシウムですが、成長期にはとても多くの量を必要とします。

 

その量、たとえば男子中学生の場合、1日当たり700g程を必要とするのです。

 

しかし、牛乳1杯(200ml)に含まれるカルシウムの量は、およそ220mg。

 

理想の700mgには、かなりほど遠い数字です。

 

1日分を摂取するには、牛乳を1本近く飲まないといけない計算です。

 

これは、効率的とは言えませんよね。

 

また、牛乳嫌いの子供やアレルギーを持っている子供にとっては苦痛以外の何物でもありません。

 

そこで、カルシウムをうまく摂取する方法を考える必要があります。

 

その一つがサプリメントです。

 

 

子供の身長を伸ばすためのサプリメントには、成長期に必要となるカルシウムがバランスよく配合されています。

 

これを毎日飲むことで、日々のカルシウム不足を補うため、成長スピードも早くなっていきます。

 

次にアルギニンも大切な栄養素です。

 

アルギニンは、体にとって必要な必須アミノ酸の一つで、体で合成することができます。

 

しかしながら、年齢や性別によって、合成できる量が限られています。

 

とりわけ小学生のころは、体内での栄養素や酵素の合成が不十分で、必要量を作り出すことができません。

 

そこで、まずは食事からしっかりと摂取する必要があるのです。

 

では、どのような食事からアルギニンを取ることができるのでしょうか。

 

まず、食材としてあげられるのは、肉や魚、大豆と言ったタンパク質を多く含む食材です。

 

1日の摂取目安量は、だいたい体重1キロ当たり0.1g程と言われています。

 

したがって30キロくらいの子であれば、3g、40キロくらいの子であれば、4g摂取する必要があります。

 

これらの数字は、比較的少ない量に感じるかと思いますが、実際に必要な量を食事からとるとするとかなりの分量となります。

 

たとえば、納豆に含まれるアルギニンは、0.5g程度です。

 

体重30キロの子供が推奨量のアルギニンを摂取する場合、なんと納豆を6パックも食べないといけない計算になります。

 

これこそ、実現できる気力もなくなってしまいますよね。

 

そこで、やはり活躍するのがサプリメントです。

 

今話題となっている子供向けの身長を伸ばすサプリメントの多くには、アルギニンが配合されています。

 

その理由は、先ほどもお伝えした、成長ホルモンの存在です。

 

アルギニンが体に取り入れられて、働くことで、脳が刺激されて成長ホルモンの分泌量が増えていきます。

 

その結果、より身長も伸びやすくなります。

 

忘れてはいけないビタミンDの存在。

 

最後に、成長期にとって欠かせないのが、ビタミンDを代表とするビタミン類です。

 

先ほど、骨が伸びるのには、カルシウムが必要だとお話しましたが、

 

実は、カルシウムはそれ単体では吸収されにくく、体から排出される量もかなりあります。

 

たとえば、スナック菓子のようにリンを多く含むものを食べた場合は、より顕著にカルシウムが体外へ排出されることが分かっています。

 

したがって、どれだけ牛乳を飲んだり、魚を食べたりと、カルシウムを意識した生活を送ったとしても、意味がなくなってくるのです。

 

そこで、助け舟となるのが、ビタミンDです。

 

ビタミンDは体にとって欠かせない栄養素であるだけでなく、カルシウムの吸収を効率よくする働きがあります。

 

さて、このビタミンDですが、食事からとろうとするとなかなか難しい材料ぞろいです。

 

しいたけや煮干しにも多く含まれているので、炒め物にしたり焼いたりと調理することで摂取することはできます。

 

しかし、1日の推奨摂取量は5.5マイクログラムであるのに対して、しいたけに含まれる量は100gあたり16.8マイクログラムほど。

 

つまり、しいたけを30g食べてしまえば、摂取量も十分と言えます。

 

しかしながら、 好き嫌いが多い小学生や中学生世代にとって、嫌いなものランキングに入るのが、しいたけと魚類です。

 

しいたけの独特の味と、あの魚の生臭みを苦手とする子供もいます。

 

そんな子供たちの食生活は、ご想像の通り、栄養バランスが乱れた状態です。

 

だからこそ、栄養分をしっかりと配合しているサプリメントが必要となるのです。

普段の食事でしっかりと栄養分を補うことができればいいのですが、現実問題なかなか補うのは難しいです。

そういったことからも子供の身長を気にしている親御さんにとってサプリはとても大事なものといえるでしょう。

次にサプリを選ぶ際にどんなことに気をつければいいのでしょうか?いろいろな意見がありますが子供のサプリについての意見をまとめてみました。

 

サプリメントを選ぶ際の注意点はコレ

 

 

 

実際にサプリメントを選ぶ際には、どのようなことをポイントにすれば良いのでしょうか。

 

まず1つめのポイントとしては、サイトに口コミ・レビューがきちんと掲載してあるものをお勧めします。

 

やはり実際に飲んだ方や飲ませた親の意見が一番参考になります。

 

また、2つ目のポイントとしては、返金保証があるものがいいです。

実際にお子さんが飲んでみて口にあわないことや続けられないことはよくあります。
そんな時でも返金保証があれば安心です。

 

このような点に注意してお子様にあったサプリメントを選んであげてください。

 

サプリをうまく取り入れて、お子さんの成長をサポートしていきましょう。

 

実際にサプリを子供に飲ませた結果

 

うちの子にサプリを飲ませた結果もお伝えしておきます。ドリンクタイプだったのですが味も気に入ってくれて無理なく続けてくれました。効果も嘘のようですが実際に飲み始めて半年ちょっとで5cm伸びました!その後1年たたないぐらいで12cm伸びましたよ。

 

もちろん個人差あると思いますので必ず伸びるとは言い切れませんが・・・

 

本当に実感した時はともママもうちの子も大喜びでした!

 

あとママ友に聞いたのですが、寝る前ではなく寝る数時間前に飲んだ方がいいみたいです。

 

成長ホルモンは空腹時によく分泌されるようで、飲んですぐ寝ると成長ホルモンの分泌は空腹時の半分以下になってしまうようですよ。なので寝る数時間前に飲んでおいた方がいいようです。

 

 

おススメのサプリ「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」

栄養成分や飲みやすさ、実際の効果や口コミからおすすめするサプリは

Dr.Senobiru(ドクターセノビル) です。※うちも飲ませていたので特におススメ

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

DrSenobiruに配合されるアルギニンは1日量5,000mgであり、さらにオルニチンとシトルリンも配合しているのです。

何度も言いますがアルギニンは身長を伸ばすためにとても重要な成長ホルモンを分泌する栄養素です。

疲労回復に役立つクエン酸も2,100mg含まれているなど、まさしく成長期のためのサプリと言っていいでしょう。風味はグレープフルーツ味なので、スッキリして飲みやすいと評判です。

リピーター率は98.4%と非常に高く、すでに180万袋以上が販売されています。

初回利用の方には60日間の全額返金制度も用意しているので、合わないと感じたら途中でやめられるのもいいですよね♪まずは試してみることをおすすめします。

公式サイトはこちら    

 

Pocket
LINEで送る