子供の鼻づまりの原因と対策

子供の鼻づまりの原因は鼻水がほとんど

鼻づまりになる原因は、鼻水・鼻粘膜の炎症・鼻の構造が考えられます。

その中でも大きな要因をしめる鼻水についてみていきましょう。

 

・鼻水は異物をブロックする働き

 

鼻水には細菌・ウィルス・異物などを排出し、外部から異物が入り込まないようにブロックする働きがあります。

鼻水が出ることで鼻から吸った空気に適度な湿り気を与えたり、気道の粘膜を病原菌から保護してくれます。
また細菌・ウィルス・異物が原因で、鼻粘膜の毛細血管が炎症を起こすと、鼻腔内が腫れて狭くなり鼻づまりの原因にもなります。
無理に鼻をかんでしまい、かえって鼻腔内に乾燥やダメージを与えることで、さらに鼻づまりが悪くなることもあるので注意しましょう。
発熱と咳なども出ている時には、風邪の症状が考えられます。風邪などのウイルスによる鼻水は、量が多く粘り気があること緑や黄色などの色が特徴です。

 

鼻づまりが子供の口臭の原因

鼻水による鼻づまりが口臭の原因になることもあるようです。

理由としては鼻づまりが原因で鼻水が外に出なくなりのどに流れ炎症を起こし、濃栓(臭い玉)ができます。

この濃栓(臭い玉)が口臭の原因になります。

鼻水が中耳炎の原因に!?

耳と鼻は、奥でつながっています。 耳の中に中耳(ちゅうじ)という場所がありますが、ここにうみがたまるのが中耳炎です。 菌は、耳の外からではなく、鼻の奥から入ってきます。菌が、耳へ入って中耳炎を起こします。

鼻水が出るたびに、中耳炎になる子も多いです。子どもがよく中耳炎になるのは、管の仕組みが関係しています。子どもの耳の管(耳管)は大人と比べ、太く短く、傾きも水平に近いので、菌が耳に入りやすいからです。

子供の口臭予防や中耳炎になるのを防ぐためにも鼻水をこまめに除去し鼻づまりにならないようにしてあげることが必要です。

鼻水をこまめにとって鼻づまりを防ぐ

お父さん・お母さんがお子さんの鼻水をこまめに取る方法として電動鼻水吸引器をおすすめします。

ノーズホースを使って直接鼻水を口から吸いこむ方法もありますが吸引力が弱くしっかり吸えないことと吸った人が菌も吸い込んでしまい感染する可能性もあるからです。

その点電動鼻水吸引器はパワーが強いのでしっかり鼻水を吸い込むことができます。

実際うちの子も以前は風邪を引き鼻水が出るたびに中耳炎になっていたのですが(2度切開しています)電動吸引器を使用するようになってからは一度も中耳炎になっていません。

本当に購入してよかったと思える品です。

購入後、電動鼻水吸引器は毎日使用しています。少しでも鼻水がでてると感じたらすぐ吸ってあげることで鼻づまりを防ぐことができます。

電動鼻水吸引器を使用するようになってから子供の口臭もなくなっています。私が購入したのは電動鼻水吸引器 メルシーポットです。現在出ているのは新型の新製品ですが私が購入したのは旧タイプのものです。

 

(電動鼻水吸引器の一覧)

NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

 

 

 

新鋭工業 スマイルキュート KS-500 専用キャリングバッグ付 医療用鼻水吸引器

 

 

シースター Seastar 電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-302