パチンコでできた借金の返済に困ったらすぐ行動

パチンコでできた借金を返せないと思ったら、すぐに行動を起こすことが重要です。
「返せないかもしれない」と思った時点で行動をしておけば、それほど深刻な問題にならずにすみます。
状況が悪化してしまうと、自己破産しか選択肢がなくなってしまうこともあります。

 

まずは、借金を自力で返済することを考えましょう。まだ延滞をしていないなら、借り換えローンやおまとめローンを利用することで解決するかもしれません。
例えば、消費者金融で金利18%で借りている50万円を、銀行カードローンで金利14%のところに借り換えをすれば、少し負担を減らせます。

 

消費者金融3社から50万円ずつ、合計150万円を金利18%で借りているケースなら、銀行カードローンで150万円をおまとめして、金利が12%になれば大きく負担を減らせるでしょう。
借金をするときは、金利がとても重要になります。金利18%で借りていたら、50万円の債務が70万円、80万円にまで膨らんでしまうこともあります。

 

金利を少しでも下げる方法はないかと常に考えておくことが重要です。
例えば、パソコンを10万円で購入するとき、お金がなければ消費者金融で借りてしまうかもしれませんが、少し考えて、クレジットカードで購入をして、手数料12%の分割払いで返済をしていけば、負担を減らせます。

 

もちろん、一括払いで支払うことができるなら、そのほうがよいですが、ベストな方法がとれなくても、ベターな方法を考えるようにしましょう。

 

借り換えローンやおまとめローンの審査に通らないときには、債務整理を検討する必要があります。
弁護士に相談をすることから始めましょう。インターネットで弁護士を探して、まずはメールや電話で相談をしてみます。

 

その段階ではコストはかかりません。次に、面談を受けますが、なるべく初回相談は無料の法律事務所で相談をするようにしましょう。1時間1万円の相談料を支払うなら、そのお金を返済にあてて少しでも負担を減らしたほうがいいからです。

 

無料相談を有効活用して、信頼できる弁護士を見つけたら、正式に依頼をします。任意整理なら、着手金が1社あたり2万円~4万円、成功報酬は10%~20%程度が相場になります。

 

弁護士費用は安くはないので、弁護士費用を差し引いて、どのくらいのメリットがあるのかを必ず確認しておきましょう。債務整理をすると3ヶ月程度は返済がストップするので、その期間に弁護士費用を用意することができます。