自分でできる?過払金の請求方法

過払い金は、貸金業者との取引の際の金利が利息制限法で定められている利率の上限を超えている場合に発生するものです。
その超過分の過払い金は本来貸金業者に払わなくてもよいお金なので、返還請求の手続きをして取り戻すことができます。

 

これを過払い金請求と呼びます。
過払い金請求は債務整理の手続きの一種であり、とても手軽に誰でも行うことができます。

 

手続きは自分で行うことも可能ですが、過払い金の計算をしたり書類を作成したり貸金業者との交渉や駆け引きをしたりなどの事務作業があるので時間と手間を要してしまいます。
貸金業者はこのような手続きの対応に慣れており素人が太刀打ちできない駆け引きを持ちかけてくる可能性もありますので、やはり法律のプロである法律事務所の弁護士に手続きを依頼するというのがベストな方法です。

 

そのためにはまずは弁護士に相談をするということから始める必要がありますので、最寄りの法律事務所に電話で問い合わせをしてみましょう。
債務整理専門の法律事務所などもたくさんありますので事前に情報収集しておきましょう。

 

直接問い合わせることに抵抗感がある場合は、各地の自治体や弁護士会などが設けている相談窓口を利用したり定期的に開催されている無料法律相談会などに参加してみるという方法もあります。

 

そこで担当してくれた弁護士にその場で手続きの依頼をすることも可能です。その場合は、次回からはその弁護士の法律事務所に出向いて契約や打ち合わせなどをするということになります。過払い金請求の具体的な流れについてですが、まずは弁護士が貸金業者に受任通知を送付して取引履歴の開示請求を行います。

 

開示された取引履歴をもとにして過払い金の計算をします、計算方法としては引き直し計算が用いられます。
利率と取引時の金額を入力していき算出します。

 

この引き直し計算はソフトなどをダウンロードして自分で行うこともできます。
算出された金額を記載した返還請求書を貸金業者に送付し、そこから電話や文書で交渉を重ねていきます。

 

合意となれば指定した金融口座に入金されます。合意とならない場合はそのまま訴訟に移行し、和解交渉をして入金となります。
返還請求の手続きはまだその貸金業者に借金が残っている人でも既に完済をした人でも行うことができます。

 

借金が残っているという人は借金の大幅な減額が期待できますし、完済をした人はちょっとした臨時収入を得ることができます。過払い金請求には最後に取引をした日から10年という時効が存在しますので、早めに手続きをしてお金を取り戻しましょう。