実際に過払い金請求をした人の体験談

実際に過払い金請求をした人の体験談①

15年前に、自営で飲食店をしていました。

 

そのときに、毎月のローンが25万円の支払いで初めは、何とかしていましたがだんだんと客足が少なくなり2年後には閉店しました。

 

その時期に、返済金が不足して銀行などからも借入をしていましたが、どうしても足りないときに消費者金融から50万円くらい借りました。

 

その閉店後は、さまざまな借入があり消費者金融への返済は毎月利子のみしか返済できないまま10年以上が過ぎていました。

 

過払い金を知ったのは、借金の相談に行った人が調べてみると過払い金が元金を超えているという体験談をラジオで聞いたことです。

 

体験談なら、本当のことだと思い自分ももしかしたら、同じような体験ができるのではと思いました。

 

元金が少しでも減額できるのなら、完済をすることもできるからです。

 

しかし、そのときに心配だったのは費用も問題です。

 

現在もカードローンなどの借金があるので、過払い金の申請に関係する費用が払える自信がありません。

 

そこから、半年くらい迷いましたが相談だけなら無料という法律事務所に行くことにしまいした。

 

行ってみると、まず現在の借入先と借入をした時期を聞かれました。

 

正確には月日を、覚えていませんがそれでも調べることはできみたいです。

 

自分の場合は、その場ですぐに調べてもらうことができ、時間にすると10分もかかりませんでした。

 

また、過払い請求に該当するとわかりました。

 

そこで、驚いたのがその戻る金額です。予想以上で120万円くらいあると言われました。

 

そこから、元金を相殺して費用を引いても50万円以上は戻ると話してもらいました。

 

そのときに、振り込み口座を記入してその日はそれで終わりました。

 

1週間後くらいに、法律事務所から電話連絡で振り込みの通知がありました。

 

たった1度の相談だけで、こんなに簡単にでき費用も一切かかることなくお金が戻りました。

 

完済ができたことも良かったですが、その戻ったお金でもう一つのカードローンも完済することができました。

 

完済しても、まだお金が残ったので家族で温泉に行くことができました。

 

よくテレビとかで聞く、過払い金ですが実際に体験してみると本当に簡単でまた手間もかかりません。

 

まだ、体験してない人は一度相談に行くと予想外のお金が戻るかもしれません。

 

実際に自分が体験したので、これは本当のことです。

 

家族にバレる心配は一切ないので、時効になる前に行くことがお得になります。

 

実際に過払い金請求をした人の体験談②

私は、ここ数年メディアなどのコマーシャルなどで頻繁に見ることがある過払い金請求を体験した一人です。

 

当時のことを思うと、借金で生活らしい生活をしていなく、毎日返済のことを考えなければならない精神的に余裕のない時期でした。

 

それが過払い金請求によって真っ当な人生を送るためのチャンスをもらったと思っています。

 

まず私が最初に消費者金融から融資を受けたのは大学生の頃でした。

 

今はどうなのかわかりませんが、当時は大学生でもアルバイトなどをしていれば簡単に契約をすることができました。

 

そこでまず最初に50万円の限度額の契約を一社としました。後は想像するのに難しくない事態になります。

 

?一社借りるとその返済のために新たに他の会社から融資を受け、

 

また返済が難しくなると他の会社から融資を受けるというまさに自転車操業です。

 

結局、社会人になり、毎月の給料のほとんどを返済に回さなければならない生活を恐らく10年近く続けたと思います。

 

そのような状態の時にテレビのコマーシャルで過払い金請求が紹介されており、すぐにネットで調べました。そこでまず私が行った行動は、自分で金融機関に請求をすることでした。

 

過払い金請求は自分だけでも行うことができます。

 

しかし実際に体験してみると専門知識がないとなかなか難しいです。

 

金融会社側はできるだけお金を払いたくないので、あの手この手を使って請求を退けようとしたり、減額して示談で済ませようとしたりします。

 

私は知識がなかったので、これでは時間ばかりがかかってしまうと思い、コマーシャルをやっていた司法書士事務所に連絡をして依頼しました。

 

私が請求したのは全部で6社で、結果から言うと当時残っていた元金は全て過払い金で相殺され、更に50万円が手元に戻ってきました。

 

司法書士に依頼する場合、一件につき請求できる限度額は確か140万円未満だったと思います。

 

私の場合は、一社の限度額が多くても50万円でしたので全て問題はありませんでした。

 

過払い金請求の費用は、全て成功報酬で、戻ってきたお金の中から何割かを手数料として支払う形なので、事前に支払う費用は必要ありません。

 

弁護士に依頼すれば一件につき140万円以上の案件も対応していただけますが、その分手数料の比率が高くなります。

 

私が依頼した司法書士事務所は16%の手数料でした。

 

このようにして、借金をしてしまった私が体験した自業自得の生活は、過払い金請求によって救われました。

 

実際に過払い金請求をした人の体験談③

私が過払い金請求を体験したのは、法律をテーマとしたテレビ番組を見たのがきっかけでした。

 

テレビ番組で紹介されていた過払い金請求が私にも当てはまるのではないかと思い取引履歴をチェックしてみました。

 

私は、何年も前にクレジットカードが使用できないショップで高額な商品を購入する際にクレジットカードのキャッシングを利用したことがありました。

 

そのときに返済方法をリボ払いに設定してそのまま放置してしまったのが過払い金の発生につながりました。

 

リボ払いなので1カ月に1回のペースでコンスタントに銀行口座から引き落としがされていたのですが、その銀行口座は普段利用しているメインバンクの口座ではなかったため、ほとんどチェックしていませんでした。

 

通帳の記帳も全く行っていませんでした。毎月の取引履歴なども全く見ておらず、テレビ番組をきっかけに思い出したように慌てて取引履歴を確認してみた次第です。

 

過払い金を算出すことができるソフトをダウンロードして自分で引き直し計算をしてみました。

 

すると、やはり過払い金が発生していました。

 

まだその貸金業者に借金が残っていたのでその減額にもつながると思い、過払い金請求の手続きをすることにしました。

 

それが私が過払い金請求の体験に至る経緯です。私の具体的な手続きの体験談について紹介します。

 

まずは手続きにかかる費用の相場をチェックしたり債務整理を得意とする法律事務所を調べたりなどの情報収集をしました。

 

私が選んだ法律事務所は債務整理を専門に行っているところです。

 

初回の法律相談が無料で着手金も無料であるというところに魅力を感じて選びました。

 

初回の法律相談の日に貸金業者との取引履歴や契約書を持参して今後の方針についてのアドバイスをしてもらい、契約に至りました。

 

私の場合は債権者が一社だったので思ったよりも費用が安く済んでホッとしました。

 

まずは、弁護士が貸金業者に受任通知を送り取引履歴の開示請求を行います。

 

開示された取引履歴をもとに引き直し計算をして過払い金の金額を算出して返還請求書を貸金業者に送りました。

 

その後、電話や文書などで何度か交渉を重ねて合意となり無事にお金を取り戻すことができました。

 

とてもスムーズに手続きが進みました。借金の大幅な減額もできてあっという間に完済することができました。

 

借金問題が解消されて悩みも解消されてとてもすっきりしました。手続きをして本当に良かったです。

 

(関連記事) 債務整理のお悩みを解決する|債務整理のすべて

借金を大幅に減らす! 借金減額 無料診断サイトランキング