カードローンを借りまくった結果、返済できない。そんなときは

「カードローンでお金を借りてパチスロで摩ってしまった」という状況は、著しく異常な状況であることを自覚することが必要ですが、如何に状況を正確に受け止めることが出来たとしても「債務を処理しない限り状況は解決されない」ので、何らかの解決策を見出すことが必要です。

 

収入があり、借金返済をしていける状況であれば「少しずつでも返済していく」という判断が妥当ですが、すでに自身の返済能力を超えた債務状況になってしまっている場合には「債務整理や自己破産」という選択をすることも必要です。
(注)もちろん借りたお金はきちんと返すのがルールです。返済することをとにかく頑張ってそれでもどうしても返済していけないという時の場合です。

 

いずれの方法もリスクがあり、実行した後の数年間は新たなローン契約を組むことが出来なくなってしまいます。また、債務整理の場合は債務の全てが減額・免除される訳では無く、一定の割合で債務が残り続ける可能性があることも覚えておきましょう。

 

自己破産の場合はすべての債務(例外あり)を免責することが出来ますが、「特定の職業に就けなくなる」「官報に掲載される」と言ったリスクがある上、ローン契約に関しても数年間は行うことが出来なくなります。

 

すでに借金で身を滅ぼしかけている訳ですから、数年間とは言え一切の借金が出来ない状態になることは非常に好ましい状況です。その間に自分の考えや生活を改め、期間が明けたときには真人間としての生活をスタートできるようでなければ意味がありません。

 

しかし、根本的に借金癖がある人はその癖を直すことが非常に難しく、自分一人の力ではどうにもならないことが少なくありません。その為、「家族や友人、もしくは専門機関に助けを求める」と言うことが必要です。

 

専門機関を利用するかどうかは状況によって考えていけば良いですが、家族や友人のサポートも何もない状態ではほぼ必ず同じ過ちを犯してしまうと思っていた方が良いでしょう。
中には自力で解決・改善が出来る人も居るかもしれませんが、圧倒的に出来ない人の方が多いということを自覚しましょう。

 

最もリスクの少ない方法は「家族や友人に債務を肩代わりしてもらうこと」ですが、その為には高い信用・信頼を構築できていること」が必須です。

 

数万円程度であればいざ知らず、数百万円単位の債務を肩代わりしてくれるような酔狂な人は両親くらいのものですが、経済状況などの事情もあるので確実とは言えません。

 

なので、最も確実性の高い方法が債務整理や自己破産になる訳です。中途半端な解決を目指すのではなく、完全に解決することを目指すことが重要です。