【朗報】パチンコでつくった借金の解決方法を聞いてみた

パチンコや競馬など、ギャンブルによる借金というのは珍しい話ではありません。

特に若い世代から年配の世代まで多くの人が遊びやすいパチンコにおいては、はまってしまった結果どんどんお金がなくなってしまい、それでもやめられなくなるという依存症のような状態になってしまうこともあるのです。

 

ギャンブルは上手くやれば儲けることが可能です。
儲ければ借金しても返すことができるからという過信によって更に借入額を増やしてしまうという悪循環になってしまいます。

 

 

結論から言うと、ギャンブルによって返済をすることができる人というのはパチプロのようにそれを仕事にしている人くらいだと思った方が良いでしょう。

 

ではつもりに積もった借金が返せない場合はどうすればよいのでしょうか。
それは債務整理によって解決することが可能です。
(注)もちろん借りたお金はきちんと返すのがルールです。返済することをとにかく頑張ってそれでもどうしても返済していけないという時の場合です。

 

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産などの種類があり、それぞれ処置の仕方が変わります。

 

 

任意整理の場合は借入の利息をカットし、月々の分割払いにすることができます。
個人再生であれば借入額を最大5分の1まで減額することが可能です。

 

自己破産は借入額を0円にすることができるためこの処置を希望する人が多いのですが、基本的にギャンブルであると免責が認められない「免責不許事由」にあたります。

 

そのためギャンブルによる借金を債務整理で解決させようと思うのであれば、任意整理か個人再生のどちらかというのがほとんどでしょう。

しかし自己破産の処置が必ず不可能というわけではありません。

初めての破産である場合、裁判官の裁量によって「裁量免責」が認められることがあるため、ギャンブルが理由の借金であっても自己破産の処置を受けることが可能なのです。

 

債務整理を行いたい場合は弁護士や司法書士に相談するのが一般的です。

今の借入額やギャンブルへの依存の程度、仕事や生活など自分の現在の状況をしっかりと弁護士と話した上でどの処置を行うのが最適なのかを教えてもらうようにしましょう。

そのアドバイスをもとに、適切な手続きを進めてもらうよう依頼するのが最善です。

 

人は追いつめられると甘い言葉に引っかかりやすくなります。
そのためヤミ金などの借り入れにまで手を出してしまう人も少なくはありません。

 

借入をしなければならないようになるまでギャンブルをしなければいいだけの話なのですが、万が一借入額がかさんでしまうような現状になったらすぐに人に相談するようにしましょう。