誰にも聞けない。。。パチンコでできた借金を解決手段

パチンコで作った多額の借金返済に困ったら、いくつかの手段が考えられますが、債務整理というのはその手段の一つです。
なお、債務整理を行うことだけが解決の手段ではありません。

 

一つには借り換え、おまとめという方法も考えられます。これは、複数の業者から借りたお金について、より金利の低い別の業者からお金を借りて完済してしまうことで、金利の負担を減らそうというものです。

 

具体的に言えば、いま仮に3つの業者から金利18%、それぞれ50万円ずつ借りているとしましょう。
ここで、もし別の金融機関から金利15%で150万円を借りることができたとします。

 

そして、借りた150万円で3つの業者から借りているお金を全て返済してしまうのです。
これが借り換え、おまとめと呼ばれるものです。

 

当初の金利負担は18%でしたから、一つの業者あたり50万円の18%つまり年間にして9万円の金利負担でした。3つの業者を合わせると年間にして27万円の負担です。

 

これが、金利15%で150万円を借りることで、金利負担は年間22万5千円になります。つまり年間4万5千円の負担が軽くなることになるわけで、これは決して小さくない金額でしょう。

 

借り換え、おまとめをするだけでこれだけ金利負担が少なくなり、パチンコで作った多額の借金の解決につながるかもしれません。
しかし、この程度の方法ではもうにっちもさっちも行かなくなってきたら、冒頭に書いた債務整理を検討してみましょう。
(注)もちろん借りたお金はきちんと返すのがルールです。返済することをとにかく頑張ってそれでもどうしても返済していけないという時の場合です。

 

これにもいくつかの方法がありますが、いずれも弁護士などに依頼して借金を整理縮小するという点では同じです。
方法としては、任意整理、民事再生、自己破産といったものがあり、相談することで自分に最も適した方法を一緒に考えてもらえるでしょう。

 

借りたお金は基本的には当然返すべきものですが、日本の法律、日本の社会は、人生を賭けてまで借りたものは必ず返しなさいとは決して強要してはいません。

 

本当に返済に苦しくなり、生活が行き詰ってしまえば、リセットするための方法が用意されているのです。
その方法を使うことは決して悪ではありませんし、必要以上に肩身の狭い思いをすることもありません。

 

居直り的な態度は確かに禁物かもしれませんが、これはそれこそ法律的にも保証されている手段なのです。
必要なときにそれを用いることをためらったり、尻込みして人生そのものを失ってしまうことはありませんと言ってくれているのです。