パチンコで負けたたくさんの借金。。。どうすればいい。。。

パチンコで多額の借金を作ってしまい、返済できなくなったときの対処方法として債務整理があります。
この中で、任意整理であれば裁判所を通さないため、借金を作った理由を問われないので利用できます。

 

しかし、この方法では借り入れ残高の減額は難しいことは知っておかなければなりません。
任意整理は法定金利を超える貸付があったとき、引き直し計算によって超過して支払った利息分を残高から減額し、その残りについて将来の利息をカットして原則として3年、やむを得ない理由があれば最長で5年間で返済する方法です。

 

このときに減額の交渉を行うこともできますが、それに応じてくれるかは債権者次第になります。
親族などからお金を集めて一括で返済すれば減額できることもありますが、あまり期待しない方が良いでしょう。

 

減額できなかったとしても、将来の利息をカットできるので、返済が困難になっているときはこれだけでも負担を減らせるので楽になります。

 

また、任意整理を開始したときに取り立てを禁止することができるので、返済できずにしつこい取り立てにあう精神的な重圧からも解放されます。

 

利息のカットだけでは対応できないほどの借金を作ってしまった場合の対応として、自己破産できるか試してみる価値はあります。
裁判所を通して手続きを行うため、なぜ借金をしたのか理由まで問われます。

 

ここで免責を得ることができなければ返済の義務から解放されることはありません。
パチンコはどのような扱いになっているかというと、ギャンブルは免責不許可事由に該当しているため、自己破産しても免責されないことになります。

 

なぜ自己破産を試す価値があるかというと、免責不許可事由に該当している場合でも裁量免責が認められており、反省していると見られるなど、裁判所が免責が妥当だと判断すれば許可される可能性があります。

 

実際に1回目の自己破産であれば免責不許可事由に該当していても免責されるケースは少なくありません。
しかし、毎回このような特例が認められるわけではないので注意しなければなりません。

 

自己破産は2回以上行うこともできますが、2回続けて同じ理由で自己破産しようとすると反省していないと見られるので、免責が難しくなります。

 

2回ともパチンコが原因であれば、再度免責してもらえることは期待できないので、もし1回目で許可を得られたからといって、安心して繰り返しパチンコで借金をしてしまわないように生活を改めましょう。

 

【関連記事】

・債務整理のお悩みを解決する|債務整理のすべて

・「過払い金の請求方法」を詳しくみる

・「実際に過払い金請求をした人の体験談」を詳しくみる

・「過払金請求って会社にバレる??」を詳しくみる

・「過払い金の時効ってあるの?」を詳しくみる

・借金を大幅に減らす! 借金減額 無料診断サイトランキング