パチンコの多額の借金返済に困ったら

パチンコで作った多額の借金返済に困っても、すぐに自己破産を考えてはいけません。
自己破産は最後の手段です。

 

それに、パチンコで作った借金はギャンブルによる浪費にあたるので、免責が下りない可能性もあります。
免責不許可事由に該当していても裁判官の裁量で免責が下りる可能性もありますが、他に方法があるなら、認められない可能性のほうが高いでしょう。

 

借金の金額が300万円あったとして、債務整理をする必要があるかどうかは、一概には決められません。
年収が1000万円あるなら、比較的短期間に返済をしてしまえるでしょう。

 

年収が300万円の人なら、自己破産をするしかないかもしれません。

 

まずは自分の年収で借金を返済していけるかどうかを考えます。
素人が判断してしまうのは危険なので、なるべく弁護士に相談をしてみましょう。

 

弁護士に相談をすると高額な報酬をとられると思っている人がいますが、相談をするだけなら無料で受けてくれることもあります。
正式な依頼をすると、それなりの費用がかかってきますので、先に相談を受けて、十分に納得をしてから依頼をすることが大切です。

 

弁護士の探し方としては、まずはホームページを見て探すのがよいです。
メールや電話で相談をしてみて、問題がなければ実際に面談を受けてみます。

 

面談なしで依頼ができる場合もありますが、重要なことなので、面談は受けておいたほうがいいです。
できれば複数の法律事務所で面談を受けてみましょう。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、専門家のアドバイスを受けながらどの方法をとるかを決めましょう。デメリットも大きいので、メリットとデメリットをよく理解してから決めることが重要です。

 

フリーターの人なら、もっと年収の高い仕事に転職をするという方法もあります。
正社員の人でも、会社の規則で副業が認められているなら、土日だけアルバイトをするなどして、収入を増やすこともできます。

 

自分の健康状態とよく相談をして行いましょう。

 

パチンコで作った多額の借金は、任意整理では解決ができないということも多いかもしれません。
できれば、金額が小さいうちに弁護士に相談をして、任意整理をしておくべきですが、自己破産をするしかないという状況まで追い込まれていると、他に選択肢はないでしょう。

 

パチンコで浪費をした場合でも、裁判官の裁量で免責が下りることもあるので、債務整理に強い弁護士に相談をしてみましょう。

【関連記事】

債務整理のお悩みを解決する|債務整理のすべて

・「過払い金の請求方法」を詳しくみる

・「実際に過払い金請求をした人の体験談」を詳しくみる

・「過払金請求って会社にバレる??」を詳しくみる

・「過払い金の時効ってあるの?」を詳しくみる

・借金を大幅に減らす! 借金減額 無料診断サイトランキング