債務整理をしたら車のローンが組めなくなる!?

パチンコなどギャンブルをしていると、お金が足りなくなって借金をしてしまうことがとても多いですが、借金を債務整理で解決したら、車のローンが組めなくなるのでしょうか?
そうだとすると、その期間がどのくらいなのかも問題です。
今回は、借金を債務整理すると車のローンを利用できなくなるのかについて、先生に聞いてみましょう。

 

1.債務整理をすると、車のローンが組めない

 
借金に悩む人先生、こんにちは。私は今パチンコの借金があって困っているので債務整理をしたいんですが、債務整理をすると、車のローンが組めなくなると聞いて心配しています。これは本当なのでしょうか?

 

司法書士の先生本当です。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類がありますが、この中でどの手続きを利用しても、ローンは利用できなくなりますよ。

 

借金に悩む人それは、どうしてなんですか?どこのローン会社でも無理なんでしょうか?

 

司法書士の先生どこのローン会社でも銀行でも無理です。債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が登録されるため、ローンやクレジットの審査に一切通らなくなります。

 

借金に悩む人やっぱりそうなんですね。その場合、自分名義で車のローンを組むのは諦めないといけませんね。

 

司法書士の先生そうなります。

 

 

2.債務整理後、車のローンを組めない期間

 
借金に悩む人債務整理で車のローンを組めない状態は、一生続いてしまうのでしょうか?

 

司法書士の先生そんなことはありません。利用する債務整理手続きによっても異なりますが、一定の期間が経てばまたローンを利用できるようになりますよ。

 

借金に悩む人それは、先ほど教えて頂いた「事故情報」が消えるからなんでしょうか?

 

司法書士の先生そういうことです。事故情報が消えるまでの期間は、債務整理手続きや各信用情報機関によって異なります。

 

借金に悩む人具体的にはどのくらいで事故情報が消えるのでしょうか?

 

司法書士の先生任意整理や特定調停の場合には、手続き後だいたい5年~7年程度です。個人再生や自己破産の場合には、手続き後だいたい5年~10年程度かかります。とくに、個人再生や自己破産をした場合、銀行借り入れが出来るようになるまでに10年くらいかかることが多いです。

 

借金に悩む人なるほど。早ければ手続き後5年くらいしたら、ローンを組めるようになるということですね。

 

司法書士の先生そういうことです。このように、債務整理をしても、車のローンへの影響は限定的なので、それほどおそれる必要はありませんよ。それに、借金があるなら早く解決した方が選択肢も多いですし、楽に解決できます。

 

借金に悩む人そうですね。じゃあ、私も早めに債務整理をお願いしたいと思います。今日は、どうもありがとうございました。

 

◆債務整理おすすめランキング