看護師職はプライドが高い?

社会人から看護師に転職したけど、看護師仲間から違和感あり…と言われるのが気になる!

 

看護師の中には様々な人がいるもの。
ですが、どうしてもほかの仕事を”楽だ!”とみなす人がいるようです。
そういった環境でうまくやっていくのはどうしたらよいでしょうか?

 

 

看護学校の厳しさはほかの専門学校や短大、大学卒にはわからない!

 

医学部と薬学部は6年間、そのほかは4年間で卒業できるのが大学です。ところが、看護大学の場合は4年間の学業から卒業して、すぐに即戦力として働くのが当たり前。これはかなり珍しいことなのですが、お分かりでしょうか?

 

医学部卒の場合は研修医として数年働きますし、薬剤師になるなら6年勉強、薬学研究者になるなら4年勉強すればよい薬学部OBも即戦力となるには、企業や大学での下積み期間が必要です。

 

それが一般企業のOLとなれば、入社後すぐに仕事がこなせるか…と言えば、そんなことはありえません。会社の業務を覚えるだけでも1年以上かかってしまいますし、経理や人事、営業などはもっと経験が必要です。

 

そもそも大学や専門学校の知識や勉強がそのまま企業で使えるわけはなく、そのまま生かせるのは看護系学校卒の看護師だけ…ということなのです。だからこそ、厳しい勉強が看護師を即戦力として育てていることにつながっています。

 

 

看護学生は4年間で医学部6年分の学問をしなければならない

 

医学部学生がサークル活動にいそしむ…スポーツ系や文科系など様々な大学サークルの存在はよく知られています。ところが、看護大学や看護学校のサークルというのはあまり目にしないのではないでしょうか?

 

看護学校や看護大学では多くの学生が勉強漬けになりますが、中には働きながら勉強する人も少なくありません。これは、医学部に入る学生の家庭環境に比べて、看護学生の家庭環境の方が金銭的に”低い”のは明らか。それだけ、看護師になろうとする人の必死さは医学生はもちろん、一般の大学生とは比較できないほどのものなのです。

 

 

看護師も人生経験で、考え方が変わってくる

 

看護師仲間から”自分たちはOLとは違う!””OL出身者の看護師なんて!”と言われる方、結構いやな気持ちになるかもしれません。ですが、これはどんな仕事でもいえること。一般企業でも出身大学や専門学校で差別してみたり、出身地でバカにする傾向もあります。

 

病院は狭い世界、看護師の勉強してきた環境も狭い世界でのつながりです。が、その分強いきずながあり、強い信念が宿っているはず。そうした信念も多くの人を助ける…という素晴らしい根本からきており、人生経験を積むと差別や偏見もだんだんと消えていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA