美容外科や美容皮膚科の看護師とはどんな仕事ですか?

美容外科や美容皮膚科の看護師 興味はあるけど、どういう仕事

 

そんな方に、ご紹介したいのが美容関係のクリニックです。
ここでは「脱毛処理」「小顔整形」「脂肪吸引」「豊胸」「痩身」「美容点滴」…美容整形外科、美容皮膚科は女性を美しくさせる施術を行っています。

 

美容外科、美容皮膚科の看護師はどういう仕事をしているのか、ご紹介します。

 

美容外科とはどういうところ?

美容外科、美容皮膚科は医師の世界では「自由診療」の世界…と言われています。手わざではありますが「手術」と言わず「施術」と言う通り、患者がお金を出してカラダの一部を変えてもらうこと。

 

もちろん、乳がんで欠損した乳房の修復や大やけどでの皮膚移植といったものも美容外科ですが、大部分のクリニックは「脱毛」「痩身」といったメニューに沿って、施術を行っています。

 

美容外科にやってくる患者さんは、自分の身体的な特徴を理想の形に変えてもらうことで「コンプレックス」を解消していきます。ですから、施術がうまくいけば目を輝かせて帰って行きますし、うまくいかなければ不満を口にします。

 

ですから、「腕のいい美容外科」に患者が集まる傾向が、非常に強いところでもあります。

 

美容外科で働く看護師は、何をやっているのか?

 

東京なら銀座、新宿、渋谷。大阪なら梅田といった大きな駅前にある美容外科。日勤のみで、接客と施術介助を行うのが看護師の仕事です。

 

美容外科は、施術を受けたい部位を医師が診察し、メニューに従って処置を行います。メニューは自由診療ですから、定価があり、脱毛ならばレーザー施術の器械によって価格が変わったり、小顔施術の針打ちならばその本数で価格が変わります。

 

看護師は医師のアシスタントとして介助を行いますが、場合によっては医師に変わって器械操作も行うことがあります。医学的行為は行えない看護師ですが、エステサロンでも使われる器械の場合は、看護師が操作するのです。

 

患者にとって、カラダにメスが入ることや、皮膚にレーザーが照射されることなど、危険度はないのか?と心配になりますから、看護師の存在はとても大事なのです。

 

病院よりも給与が良い。ただ、看護師としての仕事の半分は接客

 

美容外科は、30万円、50万円、100万円単位で患者が支払いをしますので、腕の良いクリニックは儲かりますし、看護師の給与も非常に高額になります。ですが、全ては患者に施術を受けさせる「トーク」や「安心感」を持っている看護師でないといけません。

 

接客が上手な看護師ほど、美容外科は長く働いてほしい…と考えます。ですから、美容外科で働きたいと思ったら、美容外科専門のコンサルタントに面接をしてもらうのが良いでしょう。

 

看護師転職サイトでは、美容外科・美容皮膚科は一般の病院とは別枠扱いです。美容関係の仕事は給与はいいけれど、その分競争も激しく、日々新しい施術技術を覚えなければなりません。興味はあるけど、自分はできそう??と思っている方は、転職サイトに登録して、専門コンサルタントから「話し方」「聞き方」のコーチを依頼しましょう。その道のプロなら、入職できるノウハウをがっちり握っています。ぜひ参考にされてください!

 

ペインクリニックの看護師とは