治験看護師の仕事は普通の看護師と違うの?

治験看護師という仕事を聞いたけど、どんなことをするんだろう?
病院で働くのと何が違う?
待遇はどうなの??

 

病院やクリニック、医療施設で働くのとは全く違うのが治験看護師。

 

興味はあるけど、実際にはよくわからない…という声も聞かれます。そこで、治験看護師についてご案内しましょう。

 

 

知っておこう!CROとは

 

治験とは、製薬会社が開発した新薬の効能を確かめる試験を言います。国が新薬の認証するには、その効能と安全性が大前提。10年、15年と長期に渡って研究・開発される新薬は、マウスから始まり最終的にヒトの体内で試験されるまで数多くの段階を経て行きます。

 

製薬会社は自前で治験をせず、外部の専門企業に委託するのが一般的です。その委託先が”CRO”と呼ばれ、治験のモニタリングを行います。CROは指定された病院やクリニックに出向いて、治験を行いますが、治験看護師はその際に治験協力者(患者)と治験者(医師)のサポートを行います。

 

 

SMOとは何だろう?

 

もうひとつ、治験業界では”SMO”があります。これは、治験そのものをどうやって行うのかを支援する企業。治験を担当する医師や治験コーディネーターを教育し、治験の段取りを作るなどの仕事があります。

 

治験コーディネーターは”CRC”と呼ばれ、看護師・薬剤師・臨床検査技師などがこの役割を果たします。CROを持っているSMOに所属するCRCの仕事が一番多い…と言われており、治験看護師はCRCの一員となります。

 

 

仕事は平日のみ、日勤のみ

 

製薬会社は年々競争が激化しています。日本の製薬会社はスイスやアメリカなどの製薬会社に比べて規模が小さく、開発される新薬も限られます。そのため、海外メーカーの治験を行う仕事もあります。日本は世界でも薬の利用が多い国で、治験コーディネーターの仕事はフル回転です。

 

病院で治験を行う際は、白衣ではなくスーツなどで向かい、病院の業務の間を縫って治験を行います。その際治験協力者との間で信頼関係を作る補助を行います。CRCは医師やCRO社員と一緒に行動しますので、スケジュールはしっかりと管理されています。

 

非常に忙しい仕事であり、治験は途中で終わってしまうこともあります。業務のレポートを作成したり、法令について勉強するなど、在宅での仕事が多くなることもあります。

 

 

待遇はどの程度か?

 

求人では正看護師・准看護師両方とも応募可能が多し。月給22万円前後から30万円前後。年収350万円から480万円程度が標準といえます。

 

正社員、契約社員、アルバイトと様々な形態がありますが、看護師の職場とは違って一般社会での仕事となります。様々な刺激も多いことになるでしょう。

 

CRCは属する企業によっても、地域によっても仕事の内容が若干変わることがあります。まずは看護師転職サイトに登録して、コンサルタントから説明を受けたり、会社訪問に同行してもらうのが一番です。一般の求人サイトでも情報がありますが、これは看護師への特定サイトではありません。治験看護師としての特性を理解して、求人に臨むのが大事です。

 

転職に悩んでいる看護師はこちら