皮膚科看護師とはどんな仕事か

皮膚科看護師とはどんな仕事か

近所に病院が出来たけど、よく見たら「皮膚科だった」…
そういえば、最近皮膚科がやけに増えた感じがする…

 

皮膚科、と言えばそのほとんどが個人クリニックとして開業しています。総合病院にも皮膚科はありますが、医師が開業したがる一番が、皮膚科と言われています。

 

皮膚疾患を専門に扱う皮膚科の場合、その治療はほとんどが投薬(塗薬)です。そのため、看護師の仕事の多くが塗薬を扱うもので、患者の年齢層も幼児から高齢者と幅広くなっています。

 

医療器械はレーザーなど以外は特になく、患者は医師に全身どこかの幹部を見せて診断してもらいます。人気のある医師は患者とのコミュニケーションがうまく、症例研究を長年やっているケース。ただ、アレルギーやアトピーといった症例は対処方法となり、最近はやりの「腸内フローラ」などは皮膚科の守備範囲ではありません。

 

ですから、医師が昔から勧める投薬治療を患者に行えば、看護師は半ば「アシスタント」として患者一人一人の投薬指導を行います。医療器具の滅菌をおこなったり、患者への清潔面の指導と病室内の衛生管理は特に必要です。
また、看護師は医師の代わりに、患者の質問(主に投薬や入浴の可否など)に答えることも必要となります。

 

得に患者の人数が多いクリニックでは、カルテの手配や受付との橋渡しなど、手際の良さは大事です。

 

女性医師が非常に多い皮膚科クリニック

皮膚科は、精神科や女性科などと並んで女性医師が多い診療科です。

 

中には、非常にプライドの高い女性医師が開業したクリニックもあり、看護師とのコミュニケーションが良くないケースもあります。

 

女性医師が多い理由の一つは、皮膚科に通院する患者の半分以上が女性であることから。

 

女性医師のいる皮膚科クリニックの方が女性患者が通院しやすいため、患者の評判もなかなか良いようです。

 

皮膚科クリニックに転職する場合は、医師と看護師が揉めていないか…といった内部情報も大事。医師に診察してもらっても、投薬指導は看護師がほとんどです。

 

気持ちよく患者と接することが出来なければ、看護師としての仕事はうまくいかないはず。

美容皮膚科を取り入れている場合は、特に注意が必要

 

さて、皮膚科と言えば美容関係の診療科も増えています。特に美容関係の場合は自由診療。アンチエイジングなどは点滴や針と糸、投薬など様々な施術方法があります。

 

美容皮膚科の場合、診療報酬制度とは無関係ですので《利益が大きい》と、皮膚科クリニックの中には積極的に診療科として始めているところがあります。

 

この場合、通常の皮膚科よりも「成果」が求められます。肌がきれいになるために治療を受けたのに、依然と変わりなかった…前よりも悪くなった…では、クレームが来てしまいます。

 

ですから、美容皮膚科の看板が併設してある場合は、医師の技術力がどの程度かも知っておくべきでしょう。

 

 

転職の決め手は「看護師転職サイト」に登録してからが大事。皮膚科そのものの情報はさることながら、経営する医師の技術力やコミュニケーション能力、スタッフとの関係が良いかどうか…といったことまでしっかりと調べてもらうのです。

 

情報は多いほうがいい、それが成功するための転職のキーワードです。ぜひ、転職サイトで花開きましょう!

 

転職に悩んでいる看護師が選んだ!「看護師の転職.club」