看護師の転職って普通?それとも「しないほうがいい」?

看護師で転職する人っているの?

そんなことを思ったことはありませんか?
専門学校や短大、大学で必死に勉強してやっと合格した看護師資格ですが、
最初に入職した病院やクリニックで「現場はやっぱり違う」「学校で学んだ知識は何だったの??」ということが結構あるかもしれません……

 

いざ、病院に入ってみると、即日「看護師扱い」されるわけですから、
もたもたしていれば怒鳴られたり怒られたり…それに耐えられない人は「この職場を辞めたい!」となりますよね!

毎年10万人以上が転職したり、離職したりしている!

 

ところで、看護師職は「転職が多い」「離職が多い」ことで有名なのをご存知ですか?
一部のクリニックや専門病院、大病院の中には看護師の定着率が良いところもありますが、
一般的には3年から5年勤務すると1人は必ず転職しているのが現実です。

 

理由は様々。例えば「実家を離れて、ひとり暮らしするため」に病院を転職するケース。
自分が希望する看護職に付きたいため、わざわざマンションを借りて一人暮らしをする看護師さんも少なくありません。

 

例えば「もう少し給与が欲しい」ということで、より規模の大きな病院や専門病院を探して転職するケース。
忙しいのに、なかなか給与が増えない…今のままではいつまでたっても「先輩」の下で使われるだけ…そんなケースもあるでしょう。

 

また「コミュニケーションがうまくいかない」というケースもあります。
大学病院なのに、看護師の知識水準が低く、チームとしての仕事がうまくいかず、インシデントが頻発…という場合もあります。

転職はあって当然。ただ、回数が4回、5回となると正当な理由が必要に

 

転職は看護師にとって当たり前のこと。
それどころか、最近は病院そのものも合併したり廃業したり…と目まぐるしく変わってしまいます。
ですから、自己都合なのかそうではないのか…など、きっかけもいろいろです。

 

ただ、今の職場がどうもうまくいかない、もっとスキルを伸ばしたい、
自分が満足できる職場へ移りたい…と思ったならば、その理由をしっかり腹に落とし込みましょう。
なぜ辞めたいのか、どういう病院なら行きたいのか?それをしっかりと自分なりに考えます。

 

結婚で住居が移ったので…、ご主人の転勤で家族が一緒に付いていくので…という場合は、問題ありませんが、
そうではない場合、理由が必要です。それも「残業が多いから」「夜勤が多いから」など、条件を紙に書いておく。

 

それをもとに、求人を探しましょう。

求人の見方はプロに任せるべき

 

病院の求人は独特。なぜなら、当たり障りのないことだけが書かれているのが普通だからです。
病院内の雰囲気、看護師の年齢層などその中身を知るには、専門家である《看護師転職サイト》のコンサルタントでなければわからないものです。

 

転職サイトに登録すれば、より詳しい病院情報が手に入ります。
転職の一切を教えてくれ、確実に入職できるには、ぜひ看護師転職サイトに登録しましょう!

 

転職に悩んでいる看護師が選んだ!「看護師の転職.club」