看護師ですが何度も転職大丈夫ですか?

気が付くと、今の病院が嫌になってしまい、いつの間にか離職してしまっている…

 

そんな方が世の中には結構いるもの。世間体が悪いから、ちゃんと勤めよう…と同居する親兄弟はうるさく言うが、自分に合わない職場にしがみつくことは、看護師として却ってよくない!そんな場合もあるでしょう。

 

インシデントに発展してしまえば、取り返しがつかないことになってしまうからです。

 

転職で問題なのは、転職先の病院を知らないまま入職すること!

多くの方が転職で失敗し、その後何度も失敗を繰り返す理由があります。それは「転職情報」をしっかりキャッチしていないことなのです。

 

転職情報…それは履歴書の書き方や、面接での受け答えの仕方、といったものだけではありません。一番大事なのは「自分が働きたい場所はどんなところか」ということと、「自分が働きたい病院がどこにあるのか」を探すことの2点です。

 

ハローワークに行って病院探しをするものいいでしょう。求人情報をひたすら自分で探すのも悪くありません。中には気に入っているクリニックに何となく患者を装って通院し、求人がないかどうかを聞いて転職するケース。

 

これは、自分が行きたいところを見つけ、自分でクリニックの内情を取材し、最後に求人情報までキャッチする…といった確実な方法です。

 

でも、誰もがこんなことをするわけにはいきません。夜勤があったり、帰宅時にはへとへとに疲れていて、病院探しなど不可能な場合がほとんどかもしれません。

 

ただ、逆に言えばここまで自分で取材しないで転職すれば、誰だって転職の失敗を犯すのは当たりまえ…ということになるのです。

しっかりした転職情報を引き出すなら、プロに頼もう

そこで忙しいあなたの代わりに転職先を見つけてくれるのが「看護師転職サイト」です。
まずは、あなたがどういった病院に転職したいのかをしっかりと聞いてくれますし、あなたに向き不向きの病院も判断してくれます。
そして、転職希望が本物ならば、すぐに病院の確かな情報を教えてくれます。

 

彼らは、コンサルタントと呼ばれていますが、病院と転職看護師を結ぶプロフェッショナルです。
転職の際の細々とした手続きから、離職したあとの病院での人事処理なども一手に引き受けてくれることから、彼らと病院関係者の間は厚い信頼関係で結ばれています。

 

コンサルタントは看護師を病院に入職させ、少なくとも6か月働いたあとで、契約金を病院から受け取ります。せっかく入職した看護師が短期で辞めてしまえば、病院もコンサルタントも大損なのです。

 

だからこそ、プロに情報を貰い、何年も働き続けられる病院を紹介してもらう…
あなたもぜひ、看護師転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

転職に悩んでいる看護師はコチラ