転科のせいだけではない。失敗の原因はほかにもある

医師と看護師の違いは、転科できるかできないか…という見方があります。
今でこそ、専門看護師や認定看護師などという「ジャンル」がありますが、実際にその資格を持っていたとしても、看護師が医療行為をすることはできません。

 

逆に言えば、医師の転職が「専門分野」に限る場合がほとんどなのに対し、看護師は「超マイナー科」に行くのでなければ、どの科でも仕事ができる…という恵まれた資格なのです。

 

ですが、転科は失敗例が多いことも事実です!

 

よくあるのが「知り合いの方の紹介で引き抜き」にあった看護師。
たまたま「今の仕事がキツクて…」と愚痴ってしまったことが、知り合いの耳に入り転職に至るケースです。

 

「そんなにキツイのなら、ほかの病院に移ったら?」ということで、生返事をしていた段階で、すでに進退が決まってしまって、転職先を紹介されてしまう場合があります。
紹介者は本人のためになるのだから…と好意で転職先を決めてしまうのですが、本人の承諾もなく勝手に決められてしまい、先方も大乗り気になってしまって採用される。

 

こうなると、どうしても頑張らざるを得なくなってしまいます。
この際に、転科というケースがよくありますが、それ以前にこの強引な過程そのものが大きなストレスになっているのが分かるはず。

科が変わるから、仕事がうまくいかないのではない

よくいわれるのが「科によって仕事の仕方が違う」ということ。
確かに、急性期、慢性期では患者の扱いが違うし、内科と循環器科では病棟を歩くスピードさえ違うことがあります。

 

普通、どんな仕事でも試用期間があるものです。
どんなベテランでも、新しい職場では新参ですから、スタッフの顔と名前を覚えることから始めますし、病棟の位置関係を知るのも一苦労でしょう。

 

大事なのは「病院で転職者がある程度いるかどうか」の情報です。
転職で失敗した!というのは、転職者の扱いに慣れていない病院を選んでしまったことのツケ、と言えるのです。

転職者が適度にいる病院なら、転職者の扱いもしっかりしあている

よく「転職したら、上司にいじめられた」「同僚に口をきいてもらえない」などという話が聞こえて来るものです。
ですが、それは全ての病院に当てはまるわけではありません。

 

特に、師長が数人いる、看護師のクラスがいくつも分かれているところなどは、組織として転職者を扱うことも上手な場合は多いのです。
ですが、こうした情報はなかなか一般的にはわからないもの。
それを仕入れてくるのは唯一「看護師転職サイト」のエージェント。彼らは病院内の誰がどんな力を持っているのか、を把握しています。

 

病院はいくら医師の腕が良くても、看護師の評判が悪ければ患者は集まりません。
ですから、良い病院は必ずしっかり仕事をこなす看護師がいるものです。

 

看護師転職サイトエージェントの優秀なコンサルタントは、こうした内部情報を仕入れ、その病院に合ったナースだけを紹介します。
ですから、登録しておくとよいことになるのです。

他の病院への転職をお考えの看護師はコチラ