子供を預けて働きたいのですがいい方法ある?

子供が生まれた…でも子供を預けて働きたい!
託児所が完備している病院があるって聞いているけど、どうやって探せばいい?

 

病院勤めをしているのは、看護師・医師・薬剤師・OT・PT・CP・一般職員…と様々な職業の人たちです。中には、ご夫婦で同じ病院に勤めていたり、ご主人が薬剤師で奥さんが看護師…という方もいらっしゃるでしょう。

 

お子さんが生まれて、奥さんが育児休暇を取った後、再び病院に復帰したい…そんなときに託児所や保育園があるかどうかで、生活設計が大きく変わります。

 

子供を育てるには、どんな病院で働くのがいいのでしょうか?

 

 

保育施設にもいろいろある

 

病院に常設されている保育施設といえば、託児所や保育園があります。ただ、病棟に託児所がある…というところは地方の公立病院などが多く、首都圏や大都市圏でもなかなか少ないのが現状です。

 

託児所、といえば0歳児から預かってもらえる施設。駅前のオフィスビルで子供を預かり、一日中部屋で食事や睡眠、遊びなどを行うのが主流。ただ、多くの子供を預かることから、屋外に散歩といったこともままならないことが良くあります。

 

ですが、24時間預かってくれる施設は非常に便利で、急な夜勤などで子供を抱えた看護師さんには強い味方と言えます。

 

 

託児所の料金は?

 

託児所の料金目安は次の通りです。0歳から6歳までを含んでいます。

 

・10時~18時……5,000円~7,000円(昼食付き)
平日、土日祝日、年末年始などで料金が変わります。日払いが多い

 

・時間預かり……800円~1,500円
深夜の場合は1,500円は見た方がよいでしょう

 

・月払い……月~金で3.5万円から4万円程度、深夜もある場合は5万円

 

 

病院で24時間預かってくれるところは?

 

では、病院で24時間預かり可能なところはあるのでしょうか?実際、夜勤もこなして育児…というのはハード。体力的にも大変です。ですから、病院といえどもそこまで行っているのはほとんどないといって良いでしょう。

 

 

先輩看護師は託児所をどう見ている?

 

託児所は、子供を預かる…という面ではありがたい施設ですが、預ける分お金もかかります。ただ、看護師の経験が中断してしまうのが惜しい、あるいは正社員として継続雇用してもらいたい…という方には、預けてでも働きたいのは事実でしょう。

 

 

先輩看護師さんたちに聞いてみると、意外な話が多くありました。
「託児所は、一日中日の当たらない事務所の一室が多く、子供が行きたがらない」
「0歳から6歳、年齢もバラバラの子供が一緒なので、保育士さんの目が届かないケースがあるようだ」
「育児をよく考えると、大事な0歳から2歳までは、自宅で育てる方がいい」
「収入が落ちても、正社員ではなくパートで半日勤務の方が、結果的に体が楽」

 

様々な声がありますが、職場復帰して看護師職を続けるにも、育児はしっかりした方がいい…という方が多いようです。

 

 

託児所がいいのか、民間保育園がいいのか。育児ナースの後押しをしてくれる転職サイト

 

この病院は託児所があるので、転職してみたい…そんな公開情報で入職した看護師。ところが、実際に託児所を利用してみようと申し込むと、病院所有の託児所ではなく、いくつか会社が会員になっている共同保育施設だった…そんな事実が最近よくあります。

 

育児施設を持たず、託児所の運営だけを行う会社が増えています。そのため、病院としても「提携施設」と記載するだけの育児施設が増加中。

 

育児休暇も終わり、職場復帰しようと思ったら、託児所がなくなった…こんなことにならないためには、看護師転職サイトが助けになります。託児所の情報や子育てしやすい環境の病院など、ぜひ地域情報に詳しい転職サイトのコンサルタントに力を貸してもらいましょう!

 

◆おすすめ看護専門転職サイトはこちら