返済が厳しい時に読んでほしい情報まとめ

月々の返済が厳しいと思ったら

日本はパチンコ店がたくさんあるので、ギャンブルに依存してしまう人が多いです。
その理由としては、パチンコ店がたくさんあるからです。地方の小さな町にも必ずといっていいほどパチンコ店はあります。

 

そのためヒマつぶしのために行った人でもいつの間にかハマってしまうケースが多いのです。
趣味としている人も多く、なかには稼いでいるひともたくさんいますが、ほとんどの人が負ける割合のほうが多いでしょう。

 

最初のうちは、生活費の中から使えるお金だけを使っていても依存性が高くなってくると、生活費以外のお金にも手を出してしまうことになります。

 

サラリーマンだけでなく、学生や専業主婦でもパチンコをする人はたくさんいます。使ってはいけないお金を使うと、次にとる行動は借金をしてでもパチンコをします。

 

消費者金融は定職があれば、少額の融資であれば即日で行ってくれます。
最初のうちは生活費の補てんとして使うことが多いです。

 

しかし、消費者金融の借金は使用用途が決まっていないので、次第にパチンコに使っていく人は多いです。
少しずつ使っていても自分のお金だと勘違いした瞬間から使う金額も大きくなります。

 

そのうちに一つの消費者金融だけでは足りなくなり、二つ目の消費者金融から借入をするようになります。
そうして、収入よりも返済金額や支出が多くなるので、返済ができなくなっていきます。

 

最後には、返済が困難な状態になるのです。

 

返済が困難な状態になってから弁護士を探したり、債務整理をすることが多いですが、借金の返済をすることができない状態になるまでに相談をするほうがいいでしょう。
(注)もちろん借りたお金はきちんと返すのがルールです。返済することをとにかく頑張ってそれでもどうしても返済していけないという時の場合です。

第三者に相談する

第三者に相談をすることによって、ストレスを軽減することができ、安心することができます。
電話で無料相談をしている弁護士も多いので、上手に活用しましょう。

 

信頼ができると思ったら、債務整理をしてもらうといいでしょう。債務整理のメリットはいくつかあります。

 

①催促の電話をストップしてくれることです。
返済期日に間に合わなくて、催促の電話におびえていた人でも債務整理をすると催促の電話を止めることができます。

 

②利息をカットしてもらうことができます。
弁護士の交渉力によっては、利息をすべてカットしてもらうことができるのです。

 

③元金を減額してもらうことができます。すべては弁護士の交渉力にかかってきますので、できるだけ実績が豊富で優秀な弁護士に依頼するといいでしょう。債務整理をすると、まじめに返済をする人が多くなるので、完済ができる確率が格段にあがります。

【関連記事】

・債務整理のお悩みを解決する|債務整理のすべて

・「過払い金の請求方法」を詳しくみる

・「実際に過払い金請求をした人の体験談」を詳しくみる

・「過払金請求って会社にバレる??」を詳しくみる

・「過払い金の時効ってあるの?」を詳しくみる

・借金を大幅に減らす! 借金減額 無料診断サイトランキング