パチンコでまた単発。もう借金返済できない

借金を負う理由はさまざまありますが、返せないとわかった時点で行動に出ることが大切です。
(注)もちろん借りたお金はきちんと返すのがルールです。返済することをとにかく頑張ってそれでもどうしても返済していけないという時の場合です。

 

債務整理はギャンブルが原因だとできないと思っている人もいますが、実は違います。確かに全額免責になる自己破産では、ギャンブル理由の借金では裁判所の許可が下りる可能性が低くなります。しかし他にも債務整理には種類があるのです。

 

1つ目の整理方法として、任意整理があります。任意整理は裁判所の介入なく、当事者同士で話し合いをするものです。
しかし債権者と債務者の2者で話し合っても、ましてや法律の素人が相手では取り合ってもらうことは難しいでしょう。

 

そこで必要なのが、司法書士や弁護士です。中には借金の整理を得意としている人もいます。
任意整理では、元金の支払いを約束する代わりに、利息負担をすべてカットしてもらう交渉を行います。

 

債権者側としても損はしませんので、応じてくれる金融機関も多くあります。
ただし中には厳しい金融機関もあって、なかなか条件を飲んでくれないこともあります。

 

あくまでも私的な整理ですので、こちらの要望がすべて通るとは限りません。
任意整理の場合は3~5年をかけて完済することを目指します。この期間内に返せないほどの借金がある場合は法的整理をしなくてはなりません。

 

法的整理にもいくつか種類がありますが、自己破産の場合は財産は没収されます。
またギャンブルが原因ではデメリットのほうが大きくなる可能性がありますので、ギャンブルが原因でも利用することができる個人再生を選択すると良いでしょう。

 

個人再生では借金の残債が5分の1程度まで圧縮することができるため、返済負担が減ります。
また自己破産と違って自宅が没収されることもありませんので、家族に影響は出ません。

 

3~5年をかけて5分の1程度に圧縮された残債を返済していかなくてはなりませんので、ある程度収入があることが前提となります。
弁済額は元ある残債の量によって変わってきます。

 

100万円未満の残債の場合は弁済がありませんので、収入を増やすなり家計を節約するなどして返済していったほうが良いでしょう。

 

ギャンブル原因の借り入れは再び繰り返してしまう可能性がありますので、一度痛い目を見たら二度と手を出さないように注意しましょう。

 

また、こうした手続きをすることで7~10年程度新規でクレジットカードやカードローンを持つことができなくなります。

借金を減額!無料診断サイトランキング