パチンコ、パチスロの借金は自分だけではどうすることもできない!?

パチンコでできた借金で生活が苦しいという人は、まずは家族に相談をすることをお薦めします。
弁護士などに相談をすることも出来ますが、まずは家族に相談をすべきでしょう。

 

何故かというと、自分のこれまでの行動を反省して、出直すためです。
そのためには家族に助けを求めることが大切だからです。パチンコでできた借金で生活が苦しくて、抜け出せないということは、自分一人ではどうしようもないということを意味しています。

 

とすれば、弁護士に相談をして債務整理などのことをしても、すぐに同じことを繰り替えすだけだからです。
自分が変わるためには、既に家族の助けが必要となっていることが多いと考えていいでしょう。

 

パチンコでできた借金が返せないのは、借金の額が問題なのではありません。借金を続けている今の状態が問題ということがいえるのです。つまり、お金の管理が出来ていないわけです。自分がどれだけの収入があり、どれだけの金額を遊びに使っていいのかということが分からない、分かっていても自分の衝動を止められないということに問題があるわけです。

 

これを解決できるのは本来は自分だけなのですが、自分で出来ないとなると身内に援助をしてもらう以外にはないでしょう。

弁護士に相談をしても弁護士が出来るのは債務を勘定したりして、表面上の提言をすることだけです。あなたのこれからは自分が決めるしかないのです。その決断の後押しが出来るのは身内しかないといってもいいかもしれません。

 

信頼できる身内がいないというのであれば仕方がありませんが、まずは身内に相談をすることから始めるのがあたりまえといっていいかもしれません。

相談をするときには、丸投げはやめましょう。それでは何も解決しません。自分なりにどうするのか、どうしたいのかということを考えて相談するようにします。

 

でなければ、せっかく相談しても全く何も進まないことになります。自分がやらかしたことへの始末は自分がつける以外にはありません。
その覚悟を示さずして何も話が前に進むことはないのです。その自分の案というものがたとえ陳腐なものでも構いません。

 

例えば家族の手伝いを毎日するようにするというようなものでもいいでしょう。
既にお金が返済できないところまできているのですから、そのようなことしか出来ないという状態でも、そうした誠意を示すことで家族もむげに扱ったりはしません。

お金はかえせばいいだけのことですが、信用というのはすぐには得られないことを知っておくべきです。