看護師の悩みで一番多いのは人間関係!?

病院内でのコミュニケーションで悩んでいます…
先輩ナースにしごかれていて、落ち込んでいます…
せっかく転職した病院なのに、もう辞めたい…

 

どんな仕事をしても悩みは付きものですが、看護師ほど「悩みが多い」仕事はない!と言われています。
その理由は?

 

そこには、古いしきたりがたくさんあるからなのです…

看護師職は、どこに行っても辛い。それ本当??

最近はプリセプター制度が一般的になり、新人看護師が先輩の下で技術を磨く機会が用意されています。

 

この新人訓練で一番大変なのがプリセプター役の先輩看護師。
入職2年目、3年目の看護師がこの指導役になりますが、彼女たち(彼ら)もまだまだ一人前ではないことから、新人の相手をしながら師長に怒られる…という経験をしてしまいがちです。

 

病棟管理でも同じこと。患者の点滴棒をひっくり返す、点滴が外れたままになっている、ベッドを直さないでそのままになっている…新人がやってしまうことは、誰でも一度は通る道。ですが、優しく叱ってくれる先輩がいないのが看護師の伝統です。

 

ほかの職業ならば「先輩後輩の古い関係」とされる、このしきたりですが、看護師の間ではこの伝統は守られています。

 

現代の高校生、大学生の考え方が一蹴されてしまうのが看護師「道」というわけです。

とはいえ、人間関係で凹まない職場は見つかる?

誰でも、嫌な先輩や同輩と一緒に働きたくないと思うものですが、看護師の場合はそういう思いを持ってはいけないのでしょうか?

 

答えはNO!

 

今は、自分が「ここならいい!」と言える場所で働くことが正しい選択とされます。

 

実は、病院内でのインシデントは看護師同士のコミュニケーションがうまくいっていないことが多くの要因とされます。

 

それだけではありません。医師の間でも縄張り争いがある病院では、表に出ないアクシデントが絶えないのです。

 

最近、医師の間では「賠償責任保険」という商品が良く売れています。

 

これは、もし執刀でミスがあり、患者の家族に訴えられた場合に備えて、入る保険です。

 

裁判で負け、賠償金を払うときにこの保険で何とかしよう…というのですが、看護師も同罪という時代がやってくるかもしれません。

 

看護師も医療行為をしなければならない時代が来れば、看護師も患者への賠償を払わなければならないかもしれません。

 

看護師同士のコミュニケーションの悪さは、病院にとって絶対に合ってはならないことになるでしょう。

病院内の人間関係を知っておこう。まずは、コンサルタントに内情を教えてもらおう

誰も教えてくれないのが、病院内の人間関係。

 

ですが、それをよく知るのが転職エージェントのコンサルタントです。
なぜなら、病院内で求人が出た場合「誰かが辞めた」ことから、求人が発生することが多いからです。
辞めるにはいくつかの原因がありますが、多いのが人間関係。

 

もし、この求人に新たな看護師を推薦し、首尾よく入職したとしても、再び彼女が辞めてしまったらコンサルタントには紹介料が入りません。

 

つまり、病院内の人間関係をしっかりと知っているコンサルタントでなければ、長く勤められる看護師を本当に推薦することはできないのです。

 

看護師として、できるだけ悩みなしで働ける場所はあるの?と思っている方、ぜひ看護師転職サイトに登録してはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA