託児所付き病院求人は多数公開

託児所付きの病院を探したい…
院内保育園って、深夜でも子供を預かってくれるの??

 

乳幼児を抱えて、仕事に励むお母さんナース。ご主人が単身赴任中だったり、仕事が忙しくて帰宅が深夜になるご主人は、育児のサポートがなかなか難しいですね。

 

もちろん実家に間借りするご家族もあるでしょう。孫の面倒を見てくれるおばあちゃん、そしておじいちゃん。子供を預けて看護師を続ける方も少なくありません。

 

ですが、もし病院内に託児所があれば助かりますよね!
病院託児所や院内保育園のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

 

 

院内の託児所や保育園が24時間になってきている

 

今、多くの病院で託児所や院内保育所、保育園が増えています。その理由は「子育て看護師」を確保したい…という目論見から。

 

外来勤務の看護師求人は、多くが「日勤のみ」「土日祝日休み」ということから人気が高いのですが、病棟勤務の場合は夜勤や準夜勤のシフトが組まれる傾向にあります。

 

シフトは突然変更になることもあり、子連れ出勤で残業になってしまったら…当然託児所が「閉園」となっては困る、というものです!

 

ところが、最近の総合病院では、次々と24時間子供を預かる託児所や保育園・保育所に様変わりしています。それは、多くの病院が直接雇用した保育士による保育園をやめて、外部の託児所・保育所運営会社に委託するように変わってきたからです。

 

病院経営の託児所の場合、保育士は看護師同様に正社員かパート扱い。ですが、外部委託になると別会社の社員かパートという扱いに変わります。それが、最近の流れなのです。

 

 

24時間預かってくれるのはいい。メリットとデメリットは何?

 

この保育サービスですが、以前の院内保育の場合は「同じ病院の看護師と保育士」という関係だったことから、子供の具合が悪い場合はすぐに母親ナースに連絡が入る…といったメリットがありました。その代り、子供の情報が院内で共有されてしまうというデメリットも発生。

 

それは、病院内のあらゆる看護師が、託児所の情報を知りえることにつながること。仕事場に子供を連れてくることは良い面も有りますが、そうではない面もあります。

 

ところが、保育サービスが完全に外部の会社の場合、保育士と看護師の関係は「ビジネス」ということになります。となると、完全に個人情報が守られることで子供の情報が周りに伝わらず、安心面が強くなります。が、外部業者は院内で預かった子供たちを、部屋の外には出さないような仕組みにしてしまいがちです。

 

何かあった場合、責任が発生しますので雑魚寝で過ごす乳幼児が増える。そのため、健康面でのデメリットも発生しがちなのです。

 

 

求人にある「託児所付き」。その内容をよく確認しよう

 

病院求人は多数公開されていますが、託児所の中身については説明されていないのが普通。ならば、転職サイトのコンサルタントに情報を求めると求人内容が確実になります。コンサルタントは病院見学も手配してくれますので、ぜひその力を借りて、希望した病院へ入職しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA