派遣看護師は一般看護師と変わらない!?

病院で働く看護師は「正社員」「パート」「アルバイト」だけ?

いえいえ、実は「派遣」という働き方があるのです。

 

派遣…というと「待遇が悪い…」「福利厚生がない…」といったイメージが付き物。
ですが、実際にはどうなのでしょうか?

 

派遣看護師の実態をまとめてみました。

 

 

「派遣看護師」の待遇は、一般看護師と変わらない

 

派遣労働者は賃金が低い、派遣では暮らしていけない…といったニュースを耳にしたことはありませんか?工場で働いたり、販売の仕事などに派遣社員が多いのはよく知られています。

 

ですが、派遣は看護師の世界でも当たり前になってきました。実は、公立病院や鉄道病院などでは「医療クラーク」が派遣社員で構成されているケースがずいぶんと増えています。

 

と同時に、看護師の場合も派遣社員が増加…この理由は「高いスキルを持った看護師」を配置したくても、なかなか難しい病院が多いからです。そして、派遣看護師と病院内の正社員看護師は同じ待遇か、派遣看護師の方が高い場合も。そのため、派遣看護師として”フリーで働く”看護師が徐々に増えているのです。

 

 

派遣看護師の待遇が高い理由とは?

 

派遣看護師と正社員看護師。同じ職場で働いているのに、なぜ派遣看護師の方が給与が高いケースが多いのでしょうか?

 

病院で雇用されている正社員看護師は、給与や手当のほか、退職金積み立てや雇用保険・健康保険・労災保険・年金保険の4つの保険(=社会保険といいます)に入っています。こうした福利厚生費用を全部足すと、年収400万円の看護師1に、病院は実は倍の800万円を支払っている…というケースも少なくありません。

 

正社員1人を雇うのにはこれだけの費用負担がかかるので、派遣会社から看護師に来てもらいます。その場合は退職金積み立ても社会保険も支払う必要がありません。派遣看護師の社会保険は、雇用主の派遣会社が支払いますし、退職金積み立てなどは行っていないのが通常。

 

結果として、病院側は派遣会社に紹介料を毎月支払いますが、自前で雇用するよりもずっと安い金額で済みます。そして、派遣会社は派遣看護師に給与を支払うだけでなく、きちんと社会保険にも加入させます。もし数百人、数千人といった看護師を抱えている派遣会社があれば、より高額な給与を支払う可能性が高いのです。

 

 

派遣看護師のメリットとデメリットは?

 

派遣看護師のメリットは、病院で働いていながら、病院側の求めで残業したり急にシフト替えに応じる必要がないこと。あくまで派遣会社と病院とで契約した雇用内容で、働く時間や休みをしっかりとることが出来ます。

 

また、委員会などに出席しなくてもいい…というケースも多く、人によってはストレスフリーで仕事ができる…というメリットがあるのです。

 

デメリットといえば、退職金積み立てなどの福利厚生がないこと。派遣労働の特徴として、基本的に3年間しか同じ職場で働けない(実際には自分の師長が変われば延長できる)といったことがあったり、年齢が上がると派遣先が限られる…といったことも出てきます。

 

派遣看護師になるには、派遣会社をしっかり選んで登録することが大切。そのためには、まずは看護師転職サイトに聞いてみるのも一つの方法です。まずは情報を集めることから始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA