夜勤専門の看護師転職求人サイトってあるの?

夜勤でお金を貯めよう!と考えているけど、夜勤専門の求人サイトってあるの?
こちらで曜日を固定できるシフト、そんな条件の求人はある?

 

日勤よりも夜勤で頑張りたい…という方に、夜勤専門の転職サイトがあることをご紹介しましょう。

 

 

夜勤だけ…といっても、どんな人が応募できる?

 

日勤しか働いていない人、あるいはクリニック勤務で平日のみ働いている方の中には、夜勤で自分の力を試したい!というケースもあるでしょう。

 

夜勤は診療科目によって忙しい病院とそうではない病院に分かれます。整形外科、脳外科といったなどの外傷系患者が多い病棟の場合は、夜間に緊急性の高い事故はそう多くはありません。

 

ですが、急性期病院の場合=内科系の場合は急変する患者がいるのも確か。と、なると経験者でなければ夜勤の対応は難しいというのが病院側の考え方です。

 

また、総合病院の場合は診療科目が多く、混合ですからどんな病棟の担当になるのかはわかりません。夜勤は病棟でのシフトでの経験がなければなかなか難しいでしょう。

 

 

夜勤だけの求人サイトがある?

 

夜勤の求人は”夜勤専従”や”単発夜勤”など、アルバイトや派遣など様々な雇用方法で求人があります。中でも、派遣の場合は一回登録してしまえば、優先的に仕事が回ってきます。派遣自体は3年で打ち切りですが、病院が様々なグループ病院の一つであった場合は、延長して継続雇用されることもあります。

 

残業に関して、看護師は36協定での枠外と言われてきましたが、最近は働きすぎの問題で残業時間が規定通りにするようになり始めました。ところが、夜勤専従についてはその縛りがありません。逆に言えば、夜勤だけの働き方が自由になっていて、今後ますます夜勤求人サイトが増えていくことになるのです。

 

夜勤、をキーワードにぜひ検索してみるのが良いでしょう。

 

 

コンサルタントは夜勤と日勤両方任せても大丈夫?

 

転職エージェントのサイトに登録すると、担当のキャリアアドバイザーやコンサルタント、と呼ばれる人から連絡がきます。彼らは日勤・夜勤で求人担当が分かれているわけではありません。その理由は、日勤から夜勤へ転職したい…あるいは夜勤から日勤へ移りたい…という様々な看護師を相手にしているためです。

 

気に入ったコンサルタントならば、ぜひ夜勤から日勤、日勤から夜勤…と求人への希望が変わっても、担当し続けてもらうのがよいでしょう。看護師の性格や働き方環境を抑えてくれれば「こんな求人が出ましたよ!」とスマホで連絡してくれるようになります。

 

求人情報が出るより先に「●●病院で空きが出そうです!」と教えてくれれば、真っ先に求人応募が可能。ぜひ頼りになるコンサルタント・キャリアアドバイザーを確保しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA