看護師転職サイトに登録した後の流れ

転職サイトに登録してみたけど、キャリアアドバイザーが親切だった…
看護師転職サイトって、一度登録するとスマホにどんどん情報が来て驚いた…

 

転職を考えている看護師の方の中には、転職サイトに登録している方も多いでしょう。
ですが、50社を超える転職斡旋企業(エージェント)の中には、規模の大きいところや地域限定のところなど、非常に様々です。

 

エージェントの仕組みはどうなっているのか、うまく利用する方法はあるのか、を調べました。

 

 

登録すると、まずコンサルタントから連絡が来る

 

看護師転職サイト、とスマホやPCで検索すると様々なエージェントの名前が出てきます。公開求人を掲載しているサイトもあれば、利用した看護師の声を掲載してすぐに”登録”させるエージェントまで、いろいろとあります。

 

ただ、サイトに登録する際に個人情報をしっかりと打ち込まなければなりませんから、中には”自分の情報が漏れないかな…””個人情報が悪用されないかな…”と心配な方もあるかもしれません。

 

実は、こうしたサイトから多くの情報が洩れる…ということはまずない、と思って良いでしょう。一般学生の就職情報、転職情報サイトなど、日本には様々な転職斡旋企業があります。看護師転職エージェントはその一部に過ぎません。ただ、自分の情報が勝手に求人先の病院に筒抜けになっているケースがあります。

 

まだ応募するかどうかも分からない求人なのに、コンサルタントが早々と求人先に個人情報を出してしまった…というケース。こういう会社はそこでNO!という態度に出ないといけません。

 

さて、ネットで登録した途端にエージェントのコンサルタントやキャリアアドバイザーから連絡がやってきます。その後はまず面談。実際にどのような求人に興味があるのか…などを詳しく聞かれるのです。

 

 

コンサルタントは数多くの応募者を抱える。優先順位の高い人からフォローする場合も

 

エージェントには数多くのコンサルタントがいます。が、その大部分は契約社員。看護師を1人求人先に契約させると手数料が手に入る…という仕組みです。ですから”お金になる案件”はどんどんフォロー、そうでない場合は切り捨てられる…という傾向があります。

 

ですから、自分が”採用されにくい条件”を持っている場合は、大手のエージェントに依頼するのが安心です。出来ればキャリア歴の長いコンサルタントの方が動きがスマート。面談でもツボにはまった質問をしてくれます。ですから、最初の面談時点で”自分に合わないコンサルタントだな~”と思ったら、別のエージェントに登録しなおす方が良し。

 

自分に都合のよい会社を選びなおしましょう。

 

 

コンサルタントにやってもらおう”カウンセリング”

 

誰しもが迷ってしまう”本当の求人”。本当…とは自分にとって一番向いている病院の求人はなにか?ということ。病棟勤務から外来に行きたい…と漠然と思っていても、実際はどうなのだろう??

 

そこで、カウンセリング。エージェントには応募してきた看護師の性格や仕事ぶり、将来への考え方などをしっかり把握できる、できないの2通りのコンサルタントがいます。人の目を見て話してくれるのか、話を急がせないだろうか…カウンセリングがうまい人だと、求人は非常に良いものとなります。

 

もし、転職エージェントを使うならば、カウンセリングはありますか?と聞いてみましょう。時間はどのくらい?といった質問で、エージェントのクオリティを把握できます。ぜひ参考にしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA