身長に大事な栄養食品はやっぱり乳製品??

子供の成長を考えた時に親ができる事は、環境を整えておく事です。
成長に必要になってくるのが、栄養と睡眠と運動です。

 

栄養といえば、牛乳や乳製品を積極的に食べておけば良いと考える人は少なくありません。
牛乳等に多く含まれているカルシウムは、丈夫な骨を作る為には有効ですが、骨を伸ばしたりしていく効果はありません。

 

丈夫な骨を作りたいと考えた場合には有効な成分の為、積極的に摂取をしておく事は成長の為には有効です。
ですが、身長を伸ばしたいと考えているのであれば、身体を作るために必要なタンパク質等の栄養素もしっかりと摂取しておく事が重要になってきます。

 

【関連記事】子供の身長を伸ばすことは簡単!?

 

ですから、ただカルシウムの摂取を考えた食事を作るのではなく、栄養バランスを意識した食生活を心がけておく事が大切です。
更に、身体に成長に欠かせないのが成長ホルモンです。

 

成長ホルモンというのは、睡眠中や運動をした時等に活発に分泌されるものです。
年齢が上がるにつれ、夜更かしをしたがるようになる事は少なくありません。

 

ですが、睡眠時間が短くなると、成長ホルモンの分泌に影響が出てしまう可能性があります。
成長ホルモンをしっかりと分泌させたいのであれば、22時から2時の4時間を睡眠時間にあてる事が重要になってきます。

 

この時間にしっかりと眠る習慣をつける、毎日6時間以上は眠る習慣をつけるようにする事で、成長ホルモンがしっかりと分泌しやすい状態を作っていく事が出来ます。

 

その為、夜更かしをせずに、しっかりと眠りやすい環境作りをしておく事が大切です。
そして、もう一つさせておいて損がないのが運動です。

 

運動が苦手な子供というのは少なくありません。
ですが、ジャンプをしたりする縦方向の運動をする事によって、成長ホルモンが活発に分泌されやすい状態を作れます。

 

その為、運動に興味を持ちやすい環境を作るようにしておく事がおすすめです。
勿論、運動に関しての好き嫌いは個人差があります。

 

無理強いをすると運動嫌いになってしまう可能性があるので、無理強いはせずに、楽しく体を動かせる方法を提案していくと良いでしょう。
それにより、自然に成長ホルモンが多く分泌されやすい状態を作っていく事が出来ます。

 

子供の成長は遺伝によって決まると考えてしまう人は少なくありません。

 

ですが、親が栄養バランスがとれた食事を用意する、睡眠時間をしっかりと確保しやすい状態を作る、運動を楽しみやすい状態を作る等、出来る環境作りをしておく事で、成長の可能性を高めていく事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA