子供の成長期に大事な栄養成分!

子供の成長には、第一次成長期と第二次成長期があり成長には栄養成分が大事です。
身長を伸ばすのに必要なのが、適度な運動、栄養、睡眠です。栄養ばかり取っていても十分な睡眠がなければ身長は伸びません。
特に成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、質の高い睡眠を心掛けることが大切です。

 

成長ホルモンは睡眠に入って2時間後くらいから分泌されます。

 

規則正しい生活を心掛けることが成長を助けてくれるのです。

 

運動量が多すぎると成長が妨げられてしまいますので、激しいスポーツは避けたほうが良いでしょう。

 

栄養面から見た場合、成長にはカルシウムが大切だから牛乳をたくさん飲めばいいという話を聞いたことも多いのではないでしょうか。

 

もちろんカルシウムも大切ですが、ミネラルが非常に重要です。

 

カルシウムの吸収を助けるビタミンDやマグネシウムも摂取すると良いでしょう。

 

現代人はウインナーやハムのようにたくさんの加工食品を摂取しています。

 

しかしこうした食品の中にはリン酸化合物が含まれています。

 

リンはカルシウムの吸収を阻害していまいますので、過剰に加工食品を摂取することは避けたほうが良いでしょう。

 

ビタミンDは通常の食生活の中ではあまり不足することがない食品ですし、人間は光を浴びることによってビタミンDを合成することができます。

 

成長には太陽のもとで運動することが大切な理由の一つです。

 

また、アルギニンの摂取も大切です。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進してくれますので、効果的に身長を伸ばしてくれるでしょう。

 

アルギニンは大豆や肉類、アーモンドやくるみのようなナッツ類に多く含まれています。

 

普段の食事でこうした物質を摂取するのが難しい場合、サプリを利用するのも良いでしょう。

 

特にナッツ類や大豆にはアレルギー反応を示す子供もいますので、成長させるために過剰摂取させるのはよくありません。

 

アルギニンは疲労回復、筋肉の成長を助ける効果もあります。

 

また、オルニチン、グルタミン、ギャバなどのアミノ酸類も成長を助けてくれます。こうしたサプリは最近では普通に薬局で手に入れることができます。

 

もちろん食事の中でこうした物質が含まれる素材を使って摂取することも大切です。

 

成長に必要なのはバランスの良い食事ですので、あくまでもサプリは補助的な役割を果たすものとしてとらえ、過剰摂取はしないようにしましょう。

 

過度に摂取すると体内で濃度が高くなりすぎ、病気になってしまうものもあります。

 

【関連記事】子供の身長を伸ばすことは簡単!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA