サッカーをしている小学生の身長はどれくらい?

サッカーをしている小学生の身長について調べてみました。

うちの小学生の子はサッカーをしているのですが身長が低くて悩んでいます。。。

サッカーはスポーツの中でも早いうちから始めた方が上達するとされています。そのため幼稚園や小学生の低学年からサッカークラブへ通うお子さんも多くいらっしゃいます。

サッカーはバスケットボールやバレーボールに比べて身長が重要な要素なスポーツではありませんが、有利なことに変わりありません。

サッカーをしている小学生の身長はどれくらいなのでしょうか?

 

今回は学年別に身長を見ていきましょう。

 

【小学一年生】
まだ幼稚園から上がったばかりですから他の子供達と比べて大きな差はありません。
平均は117cmほどです。
みんなで集まってボールを蹴るのが楽しくなってくる時期ですのでたくさんボールと触れあうようにしたいですね。

 

 

【小学二年生】
幼稚園から始めているお子さんは目に見えて上達がわかる学年です。
体格にも少しずつ差が出てきます。
大きなお子さんでは130cmを越えています。練習メニューなども少しずつ本格的なものになってきます。

 

【小学三年生】
三年生ではドリブルなどの個人技が得意か、パスなど周りをよく見ることができるタイプか、など、お子さんそれぞれの性格がプレーに反映されてきます。
技術の習得にはうってつけの時期ですね。遊び感覚ではもちろん、自分がやりたい練習をさせてあげましょう。
平均身長は130cmほど、大きなお子さんでは140cmほどになっています。

 

【小学四年生】
四年生といえば高学年の仲間入り。
この頃には同じ時期に始めたお子さんでもかなり差がついてきます。
体格に合わせたプレースタイルを自然に身につけています。
また、筋力が上がり浮き玉が蹴れるようになるので試合などで空中戦が発生します。
身長の高いお子さんは有利といえます。平均は134cmほどです。大きなお子さんは150cmを越えています。

 

【小学五年生】
もうすっかり大人な雰囲気を身につける五年生。
戦術などの練習メニューも加わり、ただ体を動かすだけのサッカーを卒業し頭を使ったプレーが求められます。
得意なポジションも固まってくるでしょう。背の高いお子さんと低いお子さんの差はかなり開いています。平均は140cmほどです。

 

【小学六年生】
最高学年の六年生。すでにユースチームなど、本格的にプレーする場所を持つ頃です。
この頃になると進学など進路も考えなくてはなりません。
もしお子さんが真剣にプレーしたいと思っているなら最適な環境を用意してあげたいですね。平均身長は145cmほどです。

 

【まとめ】
いかがだったでしょうか。サッカーは身長で決まるスポーツではありません。しかし体格が大きな方が小学生のうちは有利といえます。成長のためにもお子さんが楽しんでプレーできる環境を作ってあげたいですね。