バレーボールをしている小学生の身長はどれくらい?(学年別)

バレーボールをしている小学生の身長について調べてみました。

バレーボールをしている子どもは身長が高いというイメージがあります。

 

確かに、テレビなどで見かける上手な小学生は高身長な子どもが多く見受けられますが、低学年では、やっている子とそうでない子の差はさほど感じません。

 

小学三年生男子で130センチ弱くらいです。女子もほぼ同程度です。

 

しかし、高学年になるにつれ、少し差が出てきます。

 

五年生男子の平均は145センチ前後ですが、バレーをやっている子はそれよりも数センチ高いです。
女子の平均はそれより少し高くなり、147センチ前後といったところです。
五年生のバレー女子は150センチくらいはあります。同様に六年生男子の平均は152センチ程度で、女子も同じくらいです。

 

バレーをやっている子はやはり、2センチから3センチ高くなっています。

 

自分の身長よりもはるかに高いネット越しにボールを扱うスポーツなので、背は高い方が絶対的に有利です。

 

このスポーツとしての特性により、背の高い子をスカウトしてくるという性質があります。

 

運動神経が良いことはもちろんですが、それよりも特に小学生のうちは、背が高いという事実が最初のアドバンテージになることは否めません。

 

小さな子どもが高く跳んで見事なスパイクを打っているのもよく見かけますが、高いところに行くのに労力をかけずに済む背の高い子の方が何かと有利です。

 

多くの指導者がとにかく背の高い子に声をかけ、チームに入って欲しいと思うのは自然な発想です。

 

つまり、このスポーツをすることで背が伸びるというよりも、背の高い子にやらせたいスポーツであるという出発点が影響をしていると見るべきです。

 

写真や映像で見る時は、ネットの近くにいる子が目立ちます。

 

大きな子が多いと思うことも当たり前です。しかし、強烈なスパイクを打つことだけがバレーではありません。

 

真に強いチームは、オフェンスよりもむしろディフェンスに力を入れていることが多く、オフェンシブなチームは自分達より少しでも攻撃力があるチームと当たると、あっさり負けてしまうこともしばしばです。

 

この意味から言うと、大切なのはバランスです。
背の高い子がスパイクを打ち、背が低くてもレシーブの上手な子がボールを追いかけ、拾うことでボールは落ちることなく繋がるのです。

 

一瞬の判断でプレーが大きく左右されるスポーツなので、小学生のうちからやっていれば慣れ、能力は上がっていきます。

 

背が低くても活躍の場があるのが、このスポーツの良いところです。

 

背が高く、よく打つ子、背は低いがよくボールを拾う子、チームとしてのバランスを重視しつつ、かつ平均身長を上げることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA