ポイントガードの君へ!今からでも背を伸ばす秘訣

バスケットにおいてポイントガードと言えば、いわゆる司令塔の位置です。

コート内をよく確認し、的確な指示に基づき、フォワードにパスを出したり、

 

自らドリブルで切り込んでいってファウルを誘ったりと、攻撃面での要としての役割を果たします。
また、シューティングガードはそのポイントガードのサポート役として動くその傍ら、

 

フォワードとして攻撃に加わりオフェンスを強化するポジションでもありますので、
攻撃面で重要なポジションですが、様々な側面が求められます。

 

バスケは背の高いプレーヤーが有利とされていますので、身長が高い選手が非常に多く、
NBAでは2メートル超えの選手がザラにいます。

 

シューティングガードとしてかつてチームをけん引したNBAのスーパースター、
マイケル・ジョーダン氏も198cmでした。

 

同じくシューティングガードとして活躍した元レイカーズのコービー・ブライアント氏も198cmです。
やはり高さの求められるスポーツにおいて、高身長というのはそれだけで武器になります。

 

ポジション的にセンターやパワーフォーワードほど高さは求められませんが、
相手に高さで競り負けなければ、それだけ活躍も増え、勝利に近づきます。

 

では、背を伸ばすにはどうすればよいのでしょうか?

 

もちろん普段の食事でカルシウムをしっかりとることも大事ですが

 

一番効果的なのは

 

「背を伸ばすために作られたサプリをとること」

 

です。

 

この「背を伸ばすためにつくられたサプリ」ですが

 

背を伸ばすために必要ないろいろな栄養成分を含んでいるため

 

効果的に体に摂り入れることができます。牛乳を飲んでカルシウムをとるだけでは身長を効果的に伸ばすことは難しいです。

 

血液をつくるために鉄分の含まれた食品を体にとりいれるのと同じように

 

背を伸ばすためには背を伸ばすための成分を体にとりいれることが大事のようです。

 

実際私も中学・高校とバスケットをしていましたが身長が低いためポジションはガードでした。

 

ドリブルとスピードを武器に頑張っていましたが背が高いだけで今までバスケをしたこともない後輩がレギュラーとして試合に出るのを見て悔しく思ったこともあります。

 

自分の子も同じように悩んでいましたので迷わずサプリを飲ませました。

 

体つくりにもとてもいいですのでバスケをしている人にはもってこいです。

 

実際にサプリを毎日飲ませたところ背がすこしずつではありますが今までよりも確実に伸びていきました。

 

フォワードでも通用する身長まで伸びたのですがやはりポイントガードが好きだったようでそのままポイントガードをつとめました。

 

身長がガードの中では高いこともありオフェンスではうちの子を攻撃のかなめとして攻めることができました。

 

身長が高くなったことでもちろんリーチも長くなりシュートブロックにおいても有利になります。

 

 

 

よっぽどのセンスや実績があれば別ですが中学生ぐらいだと身長を優先にポジションをきめていくことがおおいので背が高い人はセンター

 

低い人はガードとなっていくのが普通かと思います。

 

ガードでもやはり背が高い方が有利です。

 

マッチアップの際自分の方が背が高ければミスマッチとして自分を軸にせめていくこともできますし、リバウンドの面でも有利です。

 

ガードのポジションのあなたも身長を伸ばす努力をすることで今まで以上にもっと優秀なプレイヤーになれることと思います。