バスケットボールをしている中学生の身長はどれくらい?

バスケをしている中学生の身長はどれくらいなのでしょうか?

 

全国の平均というのは公表されていませんが(やはり強豪校、できたばかりのチームで全然かわってくるかと思います)

 

ただ、いろいろなチーム、学校をみるかぎりチーム内の平均身長は170cm前後が多いかと思います。

 

ちなみに中学生の日本代表(U-15)となると平均183cmとなっています。。。

 

 

ポジションでも大きくかわってきますが

 

ガード(ポイントガード、シューティングガード)でも最低175cmぐらいはあるようです。
センターでは190cmの人もいます。

 

身長が低いからダメだということは全くありませんが、やはりバスケの場合、技術以前に身長が高いというのは

 

有利にはなるようです。

 

身長が低い分スピードや技術で補うことはできますが

 

技術はもちろん、身長も高ければ最強です。

 

バスケをしていない人でも中学生になると、少しずつ体格に個人差ができ始め、特に身長が低い生徒は少しでも大きくなりたいと思う年頃ではないでしょうか。

 

私自身、小学生高学年頃には、ティーン向け雑誌などで目にするスラッと足の長い同世代の子を見て、同じようになりたい、少しでも大きくなりたいと思うようになった記憶があります。

 

そして、背を大きくなるためにどうすれば良いか、実際に両親に尋ねてみたような記憶があります。

 

そんな時によく耳にするのが、『バスケットボールをすると身長が伸びる』というフレーズです。

 

実際にバスケットボール選手を見てみると、確かに背が高い選手が多くいるので、そのように言われるゆえんかもしれません。

 

しかしながら、本当に『バスケットボールをしていたから身長が伸びた』のでしょうか。

 

今回はバスケットボールをしている中学生の身長は実際にどのくらいであるかについて、書いていきたいと思います。

 

中学生は冒頭にも書いたとおり、体格に個人差ができ始めます。

 

これは、中学生の年齢12歳から15歳の期間が最も成長ホルモンが出る時期に当たるためと言われています。

 

身近でも1年に20センチ近くも伸びたという子から3~4センチしか伸びなかったという子まで、様々でした。

 

では、こうした中学生12歳から15歳でバスケットをしている子とそうでない子とで成長に差が出来るのかということについては残念ながら、因果関係ははっきりしていません。

 

しかしながら、スポーツを日常的にしていることで、身長の伸びを促すとされている下記の項目をクリアするため、結果的に背が伸びるということに繋がるのかもしれません。

 

成長に必要なことは、

 

①十分な睡眠

 

②しっかりと栄養を取る

 

③適度な運動です。

 

運動をすることで空腹を感じ、しっかりと栄養を取る。そして運動の疲労からしっかりとした睡眠をとる。

 

というゴールデンサイクルが成長ホルモンが出るとされている年齢に十分な効果を与えているのかもしれません。

 

しかしながら、このゴールデンサイクルが効果を与える成長ホルモンについても、大きく個人差があるため、

 

12歳から15歳の頃に限って、①十分な睡眠をとる、②しっかりと栄養を取る、③適度な運動をするのではなく

 

成長ホルモンが分泌されているとされる思春期から18歳ごろまで継続的にこのゴールデンサイクルを意識することで大きくなりたいという子供たちの夢を叶えることに繋がるのではないでしょうか。

 

 

やはり中学生でも強豪校のトップ選手になると技術以外にも身長は重要になってくるようです。

 

身長に悩んでいる中学生にぜひこちらの成長サポート飲料をおすすめしたいです。

 

背が伸びるサプリ【フィジカルB】

 

ともママの子供も実際に5cm伸びました。今なら30日間全額返金保証もついていますので試してみたらいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA