成長ホルモンを分泌させる効果的な運動

ホルモンの分泌にはやはり運動

 

子供が成長期にしっかりと体を動かすことは、身長の伸びに影響を与えます。

 

体を動かすことで成長ホルモンが分泌し、骨に刺激を与えます。

 

そのため間違った体の動かし方をしてしまうと、背が伸びないだけでなく、けがの原因にもつながるのです。

 

そこで今回は、子供の身長を伸ばす効果的な運動についてご紹介いたします。

 

効果的な運動とは

 

身長を伸ばすための運動としては、まずひとつめに、骨に対して縦方向に刺激が加わるもの、つまり上下に揺れる運動が適しているといえます。

 

常に上下にリズムよく動くジョギングは、理想的な種目のひとつでもあります。

また競技中にジャンプをすることの多いバスケットやバレーボールも、最適であるといえます。

 

確かにバレーボールやバスケットをしている選手は背が高い選手が多くみられます。

 

背を伸ばすために、このようなスポーツをさせなければと思う人もいるかもしれませんが、これらのスポーツをしたからといって、必ずしも伸びるというわけではありません。

 

このような選手は元から背が高い子供が取り組んでいたり、競技の特性により、背が高い子供が目立っているということも考えられるのです。

 

二つ目には骨が伸びるための軟骨に刺激を与えるスポーツが向いています。

 

全身を動かす水泳は特に効果的といえます。

 

つまり、特定のスポーツをやらなくても、体を思いきり動かして遊ぶことが、身長を伸ばすために効果的なのです。

 

それでは反対に、身長を伸ばしたい場合は避けたいスポーツにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずひとつめには過度な負担がかかる種目があげられます。

 

たとえばウェイトリフティングなどは、体の一部分にかなりの負担がかかります。

 

この時に骨の軟骨を損傷することもあり、注意が必要です。

 

次に膨大なエネルギーを消費するスポーツです。たとえばマラソンがこれにあたります。

 

エネルギーを使いすぎると、栄養も足りなくなってしまい、背も伸びにくくなってしまうのです。

 

そしてどんな種目やスポーツにもいえることですが、疲労感が激しいものは避けた方が良いといえます。

 

上達したいからといって、翌朝疲れがとれないほどのトレーニングをしてしまうと、うまくなるどころか、かえって体に悪影響を及ぼします。

 

我が子の背を伸ばしたいからいって、苦手な子供に運動しなさいと無理強いしても、好きになることはできません。

 

最初は親子で楽しく外で元気に遊びながら、無理なく続けていけるようにしましょう。

 

◆子供の身長を伸ばす情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA