睡眠と身長の関係

子供の身長を伸ばすためには良質な睡眠が必要不可欠です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンが、身長を伸ばす役割をしています。

 

そのため、ホルモンを多く分泌させるための生活が重要になります。
成長ホルモンは深い眠りのときに多く分泌されます。

 

睡眠時間が足りないと分泌量が少なくなって、身長が伸びにくくなります。
そして、ただ寝ればいいというわけではありません。

 

テレビの音や就寝前の食事、布団の清潔さなどが悪いと良質な睡眠をとることができません。
特に就寝前の食事は、胃が動いている状態での就寝になるので、深い眠りの妨げになります。

 

消化もうまくいかなくなるので、食事は2時間前には済ませておくようにしましょう。
胃に食べ物が残っている状態で起床すると、朝食を食べるのが億劫になることもあります。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

生活習慣が乱れる原因になるので、就寝直前の食事は控えましょう。
これに加えて、更に成長ホルモンを分泌させるには、メリハリがある生活を心がける必要があります。

 

近年は、テレビやゲームなどで夜更かしをする子供が増えています。
強い光を浴びてしまうと寝付くのに時間がかかり、睡眠時間が減ってしまいます。

 

就寝前は部屋の明かりを落として、落ち着いた環境を作るようにしましょう。
もちろん環境だけでなく、脳の興奮を抑えることも大事です。

 

最も落ち着く方法は入浴です。
一番効果的な時間帯は、就寝30分前ぐらいです。

 

身体を温めることで血行が良くなり、体温が下がるぐらいの時間で布団に入るとすぐに寝ることができます。
このとき、熱湯は逆効果なのでぬるま湯にゆっくり浸かって体を温めるようにしましょう。

 

 

遅く寝て遅く起きる生活は成長ホルモンの分泌量を抑えてしまいます。
平日は規則正しい生活をしていても、休日にその生活を崩してしまっては意味がありません。

 

毎日朝日を浴びて、朝食もしっかり食べることが大切です。
成長ホルモンは規則正しい生活を繰り返すことで正常に分泌されます。
子供の身長がなかなか伸びないと悩んでいるのなら、まずは睡眠時間が確保されているか確認しましょう。