身長とストレスの関係性

「自分の身長が低いから、我が子の身長も伸びないような気がして心配」という方は多いと思います。
そして、なんとか手を打ちたいけれど、具体的にはどうすれば子供の身長が高くなるのかを知らないという人も少なくないことでしょう。

「とりあえず放っておいてもそれなりには伸びるだろうけど……」と捉えているのであれば、その認識は改めるべきです。
成長期におけるお子さんの過ごし方次第で、背の伸び方はかなり変わってくると言われているからです。

ちなみに身長以外の部分で言えば、思春期にはホルモンバランス等が崩れやすくなりますから、いわゆる「思春期ニキビ」が増える可能性があります。
ですから、食習慣・睡眠習慣・運動習慣などに問題があると、肌がボロボロになってしまうかもしれません。また、そういった状況ではもちろん背が伸びにくくなる確率も高くなることでしょう。

そして、ホルモンバランスはストレスの影響によっても崩れます。
「そんな子どもがストレスだなんて……」と思うかもしれませんが、その認識も正さなければなりません。
ご自身が子供だったときのことを思い出していただければと思いますが、当然お子さんにもストレスはあります。

ですから、ご両親としては「食習慣・睡眠習慣・運動習慣、さらには生活環境を安定させるためのサポート」をしていきましょう。それがお子さんの身長を伸ばすことにつながっていくはずです。

では、どうなるとストレスが蓄積してしまうのでしょうか。
一つには「プレッシャーや不安」が大いに関係しています。
自宅が「落ち着ける場所」でなければ、ストレスを発散できなくなってしまいます。
ですから、お子さんが落ち着けるような環境に意識して近づけてあげましょう。

また、ご両親がどんなに多忙でもお子さんのことを放ったらかしにしてはなりません。
お子さんと共に外出したり、一緒に遊んだりすることでストレスを和らげてあげましょう。
その際、身体を使うような遊びをした方が健康にいいですし、お子さんも程よく疲労して、早寝早起きがしやすくなるはずです。

実際、寝不足になってしまえば、背を伸ばすために欠かせない成長ホルモンが出にくくなってしまうのでこれは重要なことです。そもそも寝不足では、ストレスが蓄積してしまいますよね。

その他、お子さんの眠りの質を上げるために良い寝具を買ってあげたり、ご両親が夜更かししたりしないようにすることも大事ですよ。