愛情なくして成長なしって本当!?

我が子の成長は、身体のことだけでなく、日々の言語の習得や、行動の変化など、毎日が記念日のように、色々な事を身に付いていく様子を伺うことが出来ます。

 

沢山の物に囲まれて生きていると、その成長の変化を見て取ることが出来ます。

 

いつもは届かなかった場所に手が届くようになったり、抱き上げた時の重さによる成長の変化を感じることもあります。

 

生まれた時の大きさから、たった1年で3倍もの大きさになり、その成長はとても早く、驚く程のスピードで、大きくなっていきます。

 

成長するにつれて、洋服は小さくなっていきます。

 

それまでぶかぶかだったはずの洋服も、気づけば丈が足りなくなったり、小さくなっていく様子を伺うことがあります。

 

我が子のそんな成長に、寂しさを覚えることもありますが、やはり喜びを感じるのが親心です。

 

身長はぐんぐん伸びていき、気づいたら自分の身長を超えてしまった瞬間。

 

 

こんなに大きくなったのか、と非常に喜びを感じる方が多いです。

 

自分を超えていく大きさは、身体だけでなく、心の成長も伴っていますから、身体が大きくなるにつれて、親元を離れてしまう寂しさが付き纏うこともありますが、我が子の成長はとても嬉しく感じます。

 

今まで手を繋いで歩いていると、我が子の表情を確認する為に視線を落としていたのに、成長に伴い、気付けば見上げるようになって、立派に成長した姿に感動します。

 

それは、そこまで成長させることが出来たご自身へのご褒美にもなります。

 

子供の成長の為には、親の愛情は必然です。

 

ご飯を食べさせるだけでなく、一緒に遊んであげたり、勉強を教えてあげたり、生きていく上での様々な事を習得させていかなければなりません。

 

そんな成長を促していったのは、親の頑張りによるものです。

 

そんな親の頑張りが、見た目にも顕著に表れていき、体質にもよりますが、自分の身長を超えることがあります。

 

寂しいと思う半面、我が子の成長と共に、親としての成長を感じる事もあります。

 

人を育むことは、簡単なことではありません。

 

 

今までは、反抗されることがあっても、力で抑えることがあったかもしれませんが、これからは、力で抑えることは出来なくても、成長した我が子が蓄えた力によって守って貰えるようになります。

 

我が子の身長が伸びたことによる喜びは、自分の身長を超えて、力を超え、守ってくれる優しを実感した時です。
子供の成長を促すのは大変ですが、それ以上の喜びが待っています。

 

◆子供の身長を伸ばす情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA