遺伝と身長は関係ない?生活環境の方が大事

まだ大人になる前なら、背が低いのは普通のことです。ところが、周りの同年代の子供たちの身長が伸びているのに、うちの子の背が低いままだと、親御さんも心配になってきます。

 

特に両親がお互いに、もしくは片方が背が低いと、自分の子に遺伝してしまうのではないかと不安になりがちです。将来、自分の子が辛い思いをしないためにも、身長を伸ばす方法を実践して不安を解消したいところです。

 

この方法でうちの子の背が伸びたという人がいますので、その人達が実践した方法を参考にするのがおすすめです。
最も信頼できる方法が、栄養をたっぷりと与えることです。睡眠の質や運動などが効果的だといわれているものの、直接的には栄養が最も密接です。

 

 

あまり心配をしなくてもよいのが遺伝です。
親に体格は似るものですが、昔の人は男性も女性も背が低い人ばかりでした。

 

それなのに、日本人の背の高さは平均的に上がっています。遺伝をあまり意識せず、子供に十分な栄養を与えてあげることに専念したいところです。

 

睡眠時間については、現代の子の方が昔の子よりも少ない状態です。
勉強やゲーム、インターネットなどを夜遅くまで行なったり、朝早く起きて学校に向かうなどの習慣が身についており、昔のように夜暗くなったらすぐに寝るようなことがないのに背が伸びていますから、あまり関係ないといえます。

 

外で遊ばない、遊ぶ場所がないなどの理由から、運動時間も少なくなっています。それでも平均的に背が伸びているのは運動もそれほど深く関わっていないといえます。

 

これらとは違って現代の子が増えているのが、栄養です。
今は昔と違って食べ物が溢れている環境にあります。

 

たっぷりと栄養を蓄えることで、身体を大きく成長させることができる証です。
しかし、背の低い子供がいる家庭で、食事を十分に与えていないケースは極稀です。

 

身長を伸ばすことに成功した親御さんは、単純に食事をたくさん与えるのではなく、サプリメントを用いた栄養補給を心がけています。食事からは補いにくい栄養を補助的に摂取させることで、問題の解決を行なっています。

 

評判の良いサプリメントが、アルギニン入りの商品です。アルギニンには成長ホルモンを活性化する働きがあります。
成長ホルモンが効率よく分泌されることで、子供の身体がたくましく作られるようになります。

 

骨を強化するカルシウムも身長に関係しそうですが、カルシウムだけでは効果がありません。アルギニンがたっぷりと含まれるサプリメントを子供に与えるのがおすすめです。