アフィリエイトとは

アフィリエイトって言葉は聞いたことあるけどよくわからない方はとても多いです。

アフィリエイトとは簡単にいうと「広告ビジネス」です。

自分のブログやホームページにアフィリエイトプログラムとよばれる広告を掲載し閲覧者が

その広告から商品やサービスを購入すると報酬が発生するという仕組みです。また広告をクリックしただけで報酬が発生するものもあります。

新聞で例えると折込みチラシのようなものです。折込チラシを新聞に入れることで折込料が入りますが、

アフィリエイトに例えると折込みチラシを見た人がチラシに載っている商品を購入すると報酬が発生するといった具合です。

それをインターネット上で行うようなものです。

無料で始められるのが大きな魅力です。

アフィリエイトにも種類がありご自分のホームページやブログに掲載している広告がクリック(タップ)されるだけで報酬が発生するものと

広告をクリック(タップ)されただけでは報酬は発生せず広告の商品やサービスを購入(申し込み)されることで報酬が発生するものとあります。

広告をクリックされるだけで発生する報酬は1クリック数円と報酬は低いですが

商品やサービスを購入(申し込み)されることで発生する報酬は数百円~数万円と報酬額は高いです。

わかりやすいようにこのページで説明しますと、このページ内にちょっとHな広告が掲載されてるかと思いますがこの広告はクリック(タップ)されただけで私に報酬が発生します。

この下の広告↓精力サプリ「精氣根」はクリック(タップ)されただけでは私に報酬は発生せず閲覧者がこのサプリを購入されると私に報酬が発生します。



※説明用に掲載した広告ですが、勃ちが悪い、中折れするなど男性器にお悩みの方のためのサプリです。これ本当にスゴイみたいです!よかったら購入お願いします。

つい宣伝してしまいましたが、アフィリエイト広告にもたくさんの種類がありご自分にあった広告を選ぶことができます。

商品の購入だけでなく資料請求(もちろん無料)で報酬が発生するものもあります。

たくさんの広告がありますのでご自分のホームページやブログの内容にあった広告を掲載することで報酬は発生しやすくなります。 健康についてのブログであれば健康サプリの広告を掲載するといった具合です。

アフィリエイトを始めるにはまずご自分のホームページやブログをまず作成する必要がありますが難しく考える必要はありません。

ご自分の趣味や好きなことなど興味のあるものについてでいいのです。

パチンコが好きな方はパチンコで負けた体験談や好きな機種について書いていけばいいのです。

まったく興味のない分野でホームページやブログを作成するより趣味や得意な分野で始めた方が絶対いいです。なぜなら取り組みやすいのと長続きするからです。

ただアフィリエイトを始めるにあたって注意していただきたいのは

独学でやるのはおすすめしません。アフィリエイトの教材を購入したりセミナーを受講するなどお金はかかりますが、お金がかかってでも知識・ノウハウを得てから始めることをおすすめします。教材にしても良いものでも高くて5万円以内であります。初心者向けの無料のセミナーもあります。

私はそのお金を出す勇気がなく自分でネットで調べながらアフィリエイトを始めたのですが約2年まったく稼げませんでした。本当に大事なノウハウはやはりお金を出さないと得られないということを学びました。

実際に教材を買ってみるといかに自分の今までのやり方が間違っていたのかを思い知らされました。

少しでも早くアフィリエイトで収入をあげたいなら正しいやり方をやるのが一番の近道です。間違った方法でやっていたらいつまでたっても稼げないです。

それでもお金を出すのに抵抗がある方は無料のセミナーを受講してください。

セミナーと聞くとなんか「胡散臭い」「怪しい」と思っていたのですが実際行ってみると若い女性やキチッとした身なりの方が多く、本気でアフィリエイトをビジネスとして取り組む方が多いことを知りました。

アフィリエイトって怪しくない?とよく聞かれますが確かに数年前までは怪しい面もありました。

「誰でも簡単に○億稼げる!」とか「秒速で○億稼ぐアフィリエイト塾」といった誰でも簡単に稼げるような謳い文句がならんでいました。しかし現在では真面目にアフィリエイトに取り組んでいる方が稼げるようになっておりひとつのビジネスとして企業が取り組むようにもなっています。

実際、ある新聞社はアフィリエイト広告を使って購読者の募集を行っています。

テレビCMや新聞広告と同じように商品やサービスを効果的に宣伝する手段としてアフィリエイト広告は注目されているといえます。

 

おすすめアフィリエイトランキング

 

アフィリエイトのアクセストレード

「パソコンを使った副業」に戻る