睡眠をしっかりとることも子供の成長を促すためにはとても大事

子供の身長を伸ばすために必要な用途そして、夜の睡眠をしっかりととることは重要なことです。
世界的に見ても日本の子供達の睡眠時間は、あまり良好なものとは言えません。

 

学びということに力を入れるのは良いことですが、塾通いをして帰宅後には、塾と学校のたくさんの宿題と四種をするだけでも、夜の時間は遅くなります。
勉強は重要ですから、学びの時間は大切にしたいものです。

 

しかしその後の使い方がだらしなくなると、夜遅くまでテレビゲームをしたり、だらだらと夜ふかしをしてしまうことで、子供達の睡眠時間は短くなってしまいます。

 

勉強や習い事は必要であっても、ゲームや遊びに夢中になって睡眠時間を削るようでは、背を伸ばすこともできませんし、翌日の学校の授業の時にも眠くなりますし、良い結果は産まなくなります。

 

なぜこれほどまでに睡眠を重要視しているかというと、人間は夜の睡眠中にしか、成長ホルモンの分泌をすることができないからです。

 

子供達の背を伸ばすのは、成長期の時期にかかっていますし、そのためには眠りを十分に確保して、たくさんの成長ホルモンの分泌をさせる必要があります。
理想的な睡眠時間としては、小学生から中学生では9時間程度、高校生では8時間程になります。

 

 

しかし実際の平均時間としては、小学生は8時間ほど、中学生は7時間から8時間、高校生では6時間から7時間ほどの時間です。

 

眠りのための時間を確保するのとともに、夜の睡眠の質を高めることも重要です。

 

そのため出来ることは、心地よい眠りに入ることのできる、睡眠環境を整えておくことです。

 

ベッドの敷布団やマットレスなどですが、毎日の眠りで血液のめぐりをよくするものがいいです。

 

 

布団などが硬いと、そこで毎日眠ることで、血行を悪くすることもあります。だから柔らかくて、寝返りも快適に打てるような、良い姿勢も保てる寝具にしておくことも大切です。

 

新陳代謝が良いのが子供たちなので、夜はたくさん汗をかくことになります。できるだけ通気性の良い素材を利用して、洗濯も楽にできて常に寝具は清潔を保てるものを選びましょう。

 

夜遅くまで起きていれば、朝はその分遅くまで寝て痛くなります。

 

人間には体内サイクルがあり、そのサイクルに合わせた規則正しい生活を心がけることです。

 

 

子供には身長を伸ばすためにも、健康で良い生活を送るためにも、早寝早起きの習慣を身につけさせることです。

 

体内時計は25時間で一回りをするため、朝日を浴びられるような早起きで習慣をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA